最近のトラックバック

« 油を売っている暇はない? | トップページ | よい夫婦の日 »

2014年4月21日 (月)

日本も貧困大国へと・・・

自由主義のリーダーであるアメリカが、今や貧困大国である。

1%の富裕層と、99%の貧困層といった極端な経済格差が生まれた。
アメリカが貧困大国になった最大の原因は、政治が国民ではなく、
企業の方を向くようになったためだ。
日本の現状は、アメリカの後を追いかけている。
 
TPPが日本を壊すというよりも、1%と99%の経済格差を作りだす
アメリカ発のこのビジネスモデルが、今世界中に拡大していて、
TPPはその一つ。
 
政治が大企業の方を向きすぎれば、自国の国民や産業を守るはずの
憲法や法律は形骸化されてしまう。
その結果、国家が株式会社化し、貧困大国となる。
 
「(株)貧困大国アメリカ」の著者でジャーナリストの、堤未果さんの
お話です。
 
日本はどこへいくのか?
欧米諸国に追いつき追い越せの時代は終わった。
日本の良さを見直し、日本らしさを発揮していきたいものだ。
 
主役は国民であることを忘れずに・・・・
 
 
Img_0663    

« 油を売っている暇はない? | トップページ | よい夫婦の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

格差拡大をを進める阿倍政権の支持率が高いなんて呆れますね。彼の政策は冷戦時代、高度成長期のそれでしかなく、要するにアナクロです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 油を売っている暇はない? | トップページ | よい夫婦の日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ