最近のトラックバック

« 自分の思うがままに・・・??? | トップページ | 油を売っている暇はない? »

2014年4月17日 (木)

国会議員の給与が増える?

今年は大企業中心に賃上げが行われたが、国会議員も・・・??

国会議員の給与(歳費)は、東日本大震災の復興財源確保などの
目的で、2012年5月から13%削減。
さらに、議員定数削減を実現するまでの処置として7%カットし、
合わせて20%が削減されている。
本来、129万4,000円が現在103万5,200円となっているとのこと。  
 
ただこの処置は4月末で終了。このまま何もしなければ、5月からは
元に戻るのだそうだ。
 
結いの党は給与3割、ボーナス5割カットを、日本維新の会は3割削減
を提案しているが、自民党は現在の制度の延長にも否定的で、元に
戻ることを望んでいるようだ。
 
消費税の増税、相続税の基礎控除額の減額、検討されている配偶者
控除の見直しなどなど、庶民の税負担は増えている。
それにもかかわらず、国会議員の定数削減はさっぱり進んでいない。
 
自民党には今年、157億8千万円の政党交付金が配分されるが、
石破幹事長は、党が議員を支援するのは、財政に限りがあると
言い、議員給与の削減は、新人議員の政治活動に支障をきたす
と言っている。
共産党は、政党交付金を廃止すべきだと言っているのだが・・・
 
議員にはどうしてそんなに金がかかるのか、政治活動にどうして
そんなに金が必要なのか?
議員の「あり方」を今一度問い直す時ではないのだろうか。
 
議員自身の姿勢も問われているのだけれど・・・
 
 
 
Img_1821     

« 自分の思うがままに・・・??? | トップページ | 油を売っている暇はない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の思うがままに・・・??? | トップページ | 油を売っている暇はない? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ