最近のトラックバック

« 教えるとは希望を語ること・・ | トップページ | 「なんのために?」に立ち戻る »

2014年3月 3日 (月)

ひな祭り

今日は「ひな祭り」。いろいろな由来があるようです・・・
 

ひな祭りは、古くは「上巳の節句」「弥生の節句」などの呼び
名があり、五節句(「人日」「上巳」「端午」「七夕」「重陽」)
の一つ
にあたります。女の子がいる家ではこの時期にひな人形を
飾り、白酒
や桃の花を供えてお祝いします。

 
ひな祭りの起源は中国までさかのぼれるとされています。
昔、漢の時代の徐肇(じょちょう)という男おり、3人の女児を
もう
けたにも関わらず、3人とも3日以内に死んでしまいました。
その嘆
き悲しむ様子を見た同じ村の人たちが酒を持ち、3人の女児
の亡骸を
清めて水葬したことに由来しているとされています。
それが平安時代になると、「上巳の祓い」といって、3月3日に
陰陽師
を呼びお祓いをさせ、自分の身に降りかかる災難を自分の
生年月日を書
いた紙の人形(ひとがた)に移らせて川に流しました。
この厄払い様子
は今でも下鴨神社で行われる「流しびな」の行事に
再現されています。
                           (甘春堂〜ひな祭りより)
 
上巳の節句が桃の節句へ
  平安時代、上巳の節句の日に人々は野山に出て薬草を摘み、
その薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。
この行事が、後に宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」
と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に
流す「流し雛」へと発展してゆきます。
  
室町時代になるとこの節句は3月3日に定着し、やがて紙の雛で
はなく豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするように
なりました。
その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や
名主の家庭へと広がり、今の雛祭りの原型となっていきました。
  
初節句のひな祭りは、身のけがれを祓う災厄除けの行事です。
ひな祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝
いとしての「桃の節句」が、庶民の間にも定着して行ったお祝
いです。ですから単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと
同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事、いうなれば
お雛さまは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに
引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなもの。
                         (雛祭りこどもの日.comより)
 
 
なにはともあれ、子どもの健やかな成長を願いたいものです。
そして、未来の子どもたちに、負の遺産を残していかないよう、
大人の責任を考える日にもしてはいかがでしょうか。
国も借金も、原発も、処理には時間がかかります。
今の大人が生きている時代だけでは、解決できない問題
でしょうから。
少しでも未来が明るくなるように、今の大人がしてあげなければ・・・
 
 

Img_7206

« 教えるとは希望を語ること・・ | トップページ | 「なんのために?」に立ち戻る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教えるとは希望を語ること・・ | トップページ | 「なんのために?」に立ち戻る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ