最近のトラックバック

« 鎌倉の梅 | トップページ | 人と成る »

2014年3月11日 (火)

3.11

東日本大震災発生からもう3年がたつ。

震災による死者は15,884人、行方不明者は2,633人
合わせて18,517人にのぼる。
 
さらに、避難の長期化による疲労や体調悪化などによる
震災関連死者数が、10都県で3,048人にのぼる。
原発事故が起こった福島県では、関連死者が1,671人で、
震災を直接の原因とする死者1,607人を関連死者が大きく上回
ったという。原発事故の影響の大きさを物語っている。
また、いまだに267,419人が避難生活を送っているという。
 
Img_3373
 
安倍首相は「われわれは、原発ゼロと言える自信はない。
ゼロを前提にしてエネルギー政策、電力政策を立てることは
できない」と言っている。
 
私たちはこの「できない」という言葉を使うことが多いと思う。
でもこの「できない」と言う時は「やらない」と言っている
ことが多いものだ。
本当にできない、不可能だと分かるまで徹底的にやってみなければ
「できない」とは言えない。
「できませんでした」と言っている人に、そのためにどれだけ
やってみたのか聞いてみるといい。
ほとんどが、なにもやってみることもなく「できない」と言って
いるのに過ぎないことが分かる。
だから、「できない」のではなく「やらない」だけなのだ。
 
北国は雪で大きな被害を被ることが多い。
でも、雪は春になると融け、影響はなくなる。
南の地方では台風による大きな被害を被ることが多い。
でも、台風は一過性で、冬にはこなくなる。
 
だが、原発の被害は違う。
目に見えない放射性物質の影響は、すぐになくなることはない。
数十年いや100年以上もその影響を受ける。
自然ではない人間が作ったものを、人間がコントロールできなく
なっている。
 
Img_3443
 
原発も時代に流れのひとつの中で活躍の場があったが、すでに
その役割は終わったのではないだろうか。
エネルギー政策は、もっと広い視点で、もっと先の先を見通して考
える必要がある。
日本人の素晴らしい知恵の力を発揮しなければならない。
 
安倍首相は、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の変更で
頭が一杯のようだが、「私が」ではなく「国民が」を主語にして
語ってほしいものだ。
 
未来の子どもたちから預かっているこの地球を、住み良い地球に
して渡してあげたい。
 
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。 合掌
 
 
 
 

« 鎌倉の梅 | トップページ | 人と成る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉の梅 | トップページ | 人と成る »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ