最近のトラックバック

« 自分が・・・ | トップページ | 甲子園の校歌斉唱・・・ »

2014年3月19日 (水)

主婦はもっと働け???

政府は所得税の配偶者控除を削減・廃止しようとしている。

安倍首相が目指す、女性の活躍を実現するためだという。
 
現行では、サラリーマンの妻が働いた場合、
妻の年収が103万円以下であれば配偶者控除が受けられ、
所得税・住民税の負担が減る。
 
この配偶者控除があるために、妻の年収を103万円以下に
調整して働く人が多い。
産業競争力会議の雇用・人材分科会は
「女性の就労に対して抑制的に働き、弊害が大きい」と指摘
している。
 
なにか変ではないか???
女性の活躍を実現するには、配偶者控除が邪魔していると
言っているようだ。
 
所得を103万円以下に抑えて働いている人達は、生活費の
ために夫の所得だけでは足りずにそれを補おうと働いている
人が多いのではないのだろうか。
そのために、税負担を考えた時のバランスを考えて働く時間
などを調整しているのだろう。
積極的に自分の力を十分発揮して社会貢献したいと働く人達
とは違うと思う。
安倍首相のいう女性の活躍は、自分の力を働く場で発揮したい
人をいうのではないのか。
 
積極的に働きたい人と、生活のために働かざるを得ない人とは
区別して考える必要がある。
 
政府は、主婦ももっと働け、そして経済活性化に貢献しろ、
と言っているように聞こえる。
経済を活性化するためにもっと金を使え、といって、借金づけ
にする考え方はもうやめてはどうだろうか。
 
「足るを知る」という言葉がある。
今、心に留めておきたい言葉だ。
 
消費税も増税、そしてさらに配偶者控除の削減で・廃止で、
ますます生活者の暮らしは大変になりそうだが・・・
 
 
Img_7374
 

« 自分が・・・ | トップページ | 甲子園の校歌斉唱・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分が・・・ | トップページ | 甲子園の校歌斉唱・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ