最近のトラックバック

« なぜここにあるのか・・・ | トップページ | わたしには できぬことばかり »

2014年3月 6日 (木)

今日は啓蟄だけれど・・・

暦の上では今日は「啓蟄」。

啓蟄とは、陽気に誘われ、冬ごもりしていた土の中の
虫が動きだし、姿を現しだすころだ。
 
だが、今日の北海道は大荒れの予報、吹雪になりそうで心配だ。
北海道の春は、もう少し先のようだ。
 
今朝の北海道新聞のコラム「卓上四季」にも啓蟄の話が・・・
 
人類は「裸虫」。
空を飛ぶ羽も暖かな毛皮も身を守る甲羅もない。
だから「ハダカムシ」と呼ばれるそうだ。
 
詩人、辻まことはこんなことを書いていると・・・
愛国心:悪質きわまる虫。文化水準の低い国ほど罹患者が多い。
    潜伏期間が長いので、発作が見られないと罹患の事実は
    解らない。
防衛:この甲虫は恐怖からわいた。自己不信の対象転置がこの
   不潔な生物の発生源。
 
日本を取り戻したい首相らが、再び政権の座について以来、
列島では、この虫の蠢きが目に余る・・・・
 
 
 
北海道では春が来るのは待ち遠しい。
だが、こんな虫がにウヨウヨされてはたまらない。
奇麗な花と、その花に止まる蜂や蝶を見るのは
楽しいけれど・・・
 
 
Img_6620

« なぜここにあるのか・・・ | トップページ | わたしには できぬことばかり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜここにあるのか・・・ | トップページ | わたしには できぬことばかり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ