最近のトラックバック

« 愛するということ・・・ | トップページ | ひな祭り »

2014年2月28日 (金)

教えるとは希望を語ること・・

教えるとは、共に希望を語ること

学ぶとは、真実を胸に刻むこと
 
詩人ルイ・アラゴンの言葉だそうだ。
 
今日の日経新聞私の履歴書は、市川猿翁さんの最終回。
 
猿翁さんは・・・
「私は祖父と起居を共にして多くを学んだ。
 その経験から、今度は自分が軽井沢の山荘で夜遅くまで
 稽古をつけ、いつも芝居の話をした。
 古典歌舞伎と新作は役者の両輪だと教え、私の姿勢、歌舞伎への
 取組みを見せた。
 詩人ルイ・アラゴンのいう
 ”教えるとは共に希望を語ること。
  学ぶとは真実を胸に刻むこと”
 という精神を伝え得たならば、うれしい。」
 
教師は、師匠は、大人は、教える相手と共に希望を語って
いるだろうか。
教わる方は、知識だけではなく、真実や誠実が胸に刻まれて
いるだろうか。
 
未来を創る若者と、希望を語りたい。
若者にもっと伝えたいこともある。
人間って、まんざらでもないぞ・・と。
 
明日から3月です。
春に向かって、良い一日を!
 
 
Img_7077
 

« 愛するということ・・・ | トップページ | ひな祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛するということ・・・ | トップページ | ひな祭り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ