最近のトラックバック

« 日本を背負う??? | トップページ | 問題なのは、社員? »

2014年2月19日 (水)

スマホ・パソコンを捨てる

日経ビジネスの特集は「昭和な会社が強い」

 〜 スマホ・パソコンを捨てる だ。
 
例えば、岐阜県の機械部品メーカー「岩田製作所」では、
私用でスマホを使わない社員には、月5,000円を支給するという。
 
これ以上、職場にスマホが蔓延すると会社がおかしくなる、という
社長の危機感からだという。
 
社長は、昼休みに本社工場の敷地にあるベンチに座って、社員全員が
スマホでゲームやメール、インターネットをしていて会話がないことに
背筋が寒くなる思いをしたという。
さらに、社長がスマホを問題視するのは、コミュンケーション力の低下
もさることながら、思考力も弱くなると考えているからだそうだ。
 
埼玉県のキャノン電子では、午前9時30分まで、部長のパソコンは電源
が入らないという。
 
キャノン電子では、部長は午前6時45分には出社するようだ。
そして、7時30分まで社長とのミーティング。
7時30分になると社員が出勤してくるので、今度は部長と部下との対話
時間になる。2時間に渡って、指示や仕事の進捗の確認、部下の悩みごと
の相談などを行う。
 
部下との打ち合わせが終わったら、パソコンの電源が入る9時30分になる
という。
 
他にも沢山の企業の例が載っているが、大きな課題はコミュニケーション
なのだろう。
顔を合わせて話をすれば1分もかからないことでも、メールで送ると5分も
かかってしまうこともある。
ITを活用するのが、本当に効率的なのか疑問だ。
 
機会化、IT化などが進み、手段が沢山増えている。
にもかかわらず、一つの手段しか使っていないことはないだろうか?
 
その場、目的によって手段を選ばなくてはならない。
せっかく手段が増えたのだから、沢山ある手段の中から、その場、
目的で一番効果的な手段を活用したいものだ。
 
お客様の苦情に謝る時は、メールで謝る、電話で謝る、それとも
訪問して顔を合わせて謝る。
あなたは、どの手段が一番効果的だと思いますか?
 
Img_6958
 
 

« 日本を背負う??? | トップページ | 問題なのは、社員? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本を背負う??? | トップページ | 問題なのは、社員? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ