最近のトラックバック

« 頭を空っぽにして、今日を楽しもう | トップページ | 本当のことが一番! »

2013年11月12日 (火)

道徳の授業

文部科学省の有識者会議は、小中学校の「道徳の授業」に関する

報告書の骨子案を示した。
 
・正式の授業でなかった道徳の授業を、特別の教科に格上げする。
・検定教科書を使用する。
 検定教科書の使用まで3年かかるため、それまでの間は、
 「心のノート」という道徳教材を活用する。
・点数による評価はしないが、記述式で子供の状況を評価する。
 
なんのこっちゃ・・・
という感じなのですが。
 
道徳の授業で何を教えるつもりなのでしょうね?
 
辞書によると、
道徳:人々が、善悪をわきまえて正しい行為を行うために、
   守り従わなければならない規範の総体。
   自発的に正しい行為へと促す内面的原理として働く。
とあります。
人間としての「生き方」なのではないのかと思いますが・・・
 
授業で何かを教える前に、先生が道徳を理解し、実践することが
大事なのではないだろうか。
率先して子供たちに行動で示すことが。
まずは、やってみせることから始めてはいかがでしょう。
そして、日常のことをテーマで、子供たちと話し合うと良いのでは。
教科書などなくてもできるのではないでしょうか。
 
まずは、先生たちに「道徳」ってなんだ?
を学んでもらいたいものだけれど・・・
 
 
Img_5846_2

« 頭を空っぽにして、今日を楽しもう | トップページ | 本当のことが一番! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭を空っぽにして、今日を楽しもう | トップページ | 本当のことが一番! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ