最近のトラックバック

« 友引 | トップページ | 考える力は大丈夫? »

2013年11月 8日 (金)

人は見かけによらぬもの・・・

JR北海道の車内誌に、小檜山博さんがこんなことを書いている。

 
まだ40歳の頃、息子を連れてお祭りに行った。
息子の目的は露店で買う綿飴。
 
綿飴を買った息子は、こんどは玩具屋の前でとまった。
店の中では20代半ばの爪を赤く塗った女性が客の気を
引いていた。
女性は髪も濃い赤茶色に染めて、口紅も紫がかって濃く、
なんとなくうさんくさく思えた。
 
その店で息子が火薬ピストルを買った。
受け取とるとき、息子は女性に「ありがとう」と小声で言った。
するとその女性がいきなり
「あたしなんかに礼言わなくていいからさ、お父さんにありがとうって
 言いな、でっかい声で」
とぶっきらぼうに言ったのだ。
 
ぼくは息をのんだ。
素晴らしい女性だった。
人を見た目や誤った先入観で判断する自分の愚かさに直面し、
ぼくは、頭を石で殴られたような衝撃を覚えた。
 
・・・・
 
人は見かけによらぬもの。
見かけだけで判断すると間違うことがある。
だけれども、人は見かけに左右されてしまうことが多い。
それだけ、見かけも大事だということなのだが・・・
 
ホテルやレストランでも食品偽装?が発覚している。
名前というみかけや先入観に騙されていたことになる。
 
人も食品でも何でも同じだ。
本物を見抜く目を、自分で持ちたいものだ。
 
 
Img_6092

« 友引 | トップページ | 考える力は大丈夫? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友引 | トップページ | 考える力は大丈夫? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ