最近のトラックバック

« 今日という一日を味わおう | トップページ | 札幌市北区歴史と文化の八十八選 »

2013年9月22日 (日)

白老ポロトコタン

白老ポロトコタン。

ポロトコタンとは、アイヌ語で「大きな湖の集落」と言う意味。
 
白老は昔からアイヌ集落がありました。
昭和40年代に、集落をポロと湖畔に移設し、資料館と合わせて
アイヌ文化の調査研究・伝承保存・普及を目的とした野外博物館
として整備されたものだそうです。
    
Img_5315
 
入り口を入ると、高さ16mの「コタンコルクルの像」
がお出迎え。
コタンコルクルとは、村長(むらおさ)のこと。
 
Img_5325
 
5棟のチセ(かやぶきの家)を中心に、集落の様子が
わかります。
 
Img_5352
 
チセの中の様子です。
年中囲炉裏で火が焚かれているとか。
天井は真っ黒です。
 
Img_5383
 
アイヌの生活の様子の解説や、古式舞踊、ムックリの演奏
なども行われています。
 
Img_5428
 
博物館では、アイヌの生活の様子や使われていた道具
など様々なものが展示されています。
当時の文化・歴史・手業を見ることができます。
 
Img_5326
 
ポロト湖も、とっても奇麗です。
カヌーで楽しんでいる方も・・・
 
Img_5453
 
お腹がすいたら、アイヌの伝統料理「オハウ」を
召し上がれ。
鮭と野菜の塩味スープ、三平汁のようなものです。
 
Img_5456
 
帰りには、「イヤイライケレ」とお見送り。
 
海外の観光客の方も多いようです。
もっとアイヌのことを知ってみたいと思いました。
日本人として・・・
 

« 今日という一日を味わおう | トップページ | 札幌市北区歴史と文化の八十八選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日という一日を味わおう | トップページ | 札幌市北区歴史と文化の八十八選 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ