最近のトラックバック

« 復興の花が・・・ | トップページ | ひまわり »

2013年8月15日 (木)

ブレーキは国民が・・・

安倍首相は、集団的自衛権行使の解釈を拡げていきたいようだ。

 
自国と密接な関係にある外国、つまりアメリカが武力攻撃を受けた
場合に、日本が直接攻撃を受けていないにもかかわらず、実力を
持って阻止する、という解釈からさらに、武力攻撃を受けた相手を
アメリカ以外の国をも対象にしていき、武力攻撃を推進していきたい
ようだ。
集団的自衛権の解釈は、国連の解釈とは違いように感じるが・・・
 
ただ現在は、自衛隊のホームページにもあるように、
憲法第9条の下において許容されている自衛権の行使は、わが国を
防衛するため必要最小限度の範囲にとどまるべきものであり、他国に
加えられた武力攻撃を実力をもって阻止することを内容とする集団的
自衛権の行使は、これを超えるものであって、憲法上許されない、
という範囲にとどまっている。
 
今日は「終戦の日」
国民の中に、戦争賛成、戦場に行きたい、と言う人はいるのだろうか?
 
自動車に安心して乗れるのは、ブレーキがあるから。
スピードを上げても、止まれるという安心があるから乗れるし、
止まれる範囲のスピードしか出さない、
 
憲法9条改正の問題も、原子力発電所再稼働の問題も同じなのでは
ないだろうか。
 
止まれる安心がなければ、推進できない。
そのブレーキの役割をするのは、国民しかいない。
日本の良さである「安心・安全」を守りたい・・・・
 
 
Img_4849
  石狩ー無辜の民(本郷新)
 

« 復興の花が・・・ | トップページ | ひまわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復興の花が・・・ | トップページ | ひまわり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ