最近のトラックバック

« 福島、旅日記・・・その2 | トップページ | 福島、旅日記・・・その3 »

2013年7月 1日 (月)

日本国憲法

今朝の北海道新聞に「あらためて読む 日本国憲法全文」が載っていた。

 
安倍首相が憲法改正を容易にしようと、改正に積極的な憲法第96条。
 
その近くの条文にはこのようなものもある。
第97条
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる
自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、
現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託
されたものである。
 
そして、第99条には
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
 
国務大臣や国会議員はこの憲法を護れ、というではないか。
 
この機会に、あらためて私たち一人ひとりが憲法ができた経緯や
内容の意味を勉強してみる必要があるのではないだろうか。
 
もし、憲法が今の時代に合わなくなってきたと考えるのなら、
憲法のその一部をどう変えるかという議論ではなく、もう一度新しく
作るという気概で取り組まなくてはならないではないか。
 
それも、国会議員からの発議ではなく、多数の国民からの発議で・・・
 
 
Pc259617_2

« 福島、旅日記・・・その2 | トップページ | 福島、旅日記・・・その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島、旅日記・・・その2 | トップページ | 福島、旅日記・・・その3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ