最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

晦日

7月31日、今日は7月の最終日、晦日だ。

 
晦日とは月の末日のことをいう。
 
旧暦を使っていたときは、月末の日は三十日(または、二十九日)
十日(とおか)→二十日(はつか)→三十日(みそか)=晦日
と言っていたようだ。
 
晦日は「くらい」という意味もあり、暗い夜、月が出ない夜を
さしています。
このことから、晦日と書いて「つごもり」とも読み、月が籠って
出てこない日のことのようです。
 
さて、新暦となった今日7月31日の月は?
月齢22.8、少し三日月のようです。
 
夏真っ盛り、晦日を乗り切り、新しい月の始まりを
元気に迎えましょう!
 
 
Mphase_59943
(国立天文台天文情報センターHPより)

2013年7月30日 (火)

この一言が、うれしい・・・

こんな話を聴きました・・・

デパートの食品売り場で。

サラダを買った時に、
「安全のため、保冷剤をお入れします」と言われた。
 
保冷剤はおつけしますか?と言われるのではなく、
お持ち帰りの時間は?と聞かれるのでもなく。
「安全のため・・・」と。
 
そして、商品を渡す時に、
「どうぞ、美味しくお召し上がり下さい」と。
 
お待たせしました、でもなく、ありがとうございます
でもなく・・・
 
この一言、とってもいいと思いませんか?
 
お客さんの安全を考えていますよ・・・
商品を売るだけではなく、お客さんが食べるシーンまで
考えるのが私の仕事です、と言ってくれているようですね。
 
この話を教えてくれた方も、またこの店員さんだったいいな、と。
 
たった1人の店員さんが、そのお店のファンを増やす。
ちょっとした一言が、相手の気持ちを楽しくする。
 
やっぱり「人」なんだな・・・・
 
 
 
Img_2855

2013年7月29日 (月)

土潤いて溽し暑し

二十四節気、七十二候では、今は大暑の次候にあたる。

 
土潤溽暑
 〜 土潤いて溽し暑し
 
むわっと熱気がまとわりつく蒸し暑いころだ。
 
本州では最高気温が35℃前後と、暑い日が続いているようです。
まさに、熱気がまとわりつく、蒸し暑い日が続いていることだと
思います。
 
北海道はこの3〜4日は日差しも少なく、最高気温も25℃前後の日が多く、
過ごし易い日が続いています。
札幌は、7月23日の31℃をピークに、26℃、19℃、24℃というように。
 
今が夏真っ盛りの時だと思いますので、少し寂しいような気もします。
もうしばらく真夏日を味わいたいものですが・・・  
涼しいところに住んでいる人間の贅沢でしょうか。
 
今日は全国的に雨模様。
ますます蒸し暑くなってくるのでしょうか。
札幌も今週の後半からは晴れ間が続きそうです。
もう一度くらい、暑い夏を体験しないな〜
 
 
P8141416   

2013年7月28日 (日)

夏と言えば・・・

夏と言えば・・・。あなたにとっては何だろう?

 
花火
スイカ
ひまわり
お祭り
ビール
冷やし中華
バーベキュー
アイスクリーム
ビーチサンダル
金魚
風鈴
うちわ
 
いろいろ思い浮かぶことだろう。
 
それぞれの人に、それぞれの夏の思い出があるだろう。
 
今日は7月の最後の日曜日。
 
北海道の夏は短い。
 
8月のお盆がすぎると、秋の気配が漂う。
 
短い夏を楽しもう・・・・
 
 
Img_3853

2013年7月27日 (土)

生きねば 〜風立ちぬ

宮崎駿監督作品「風立ちぬ」、”力を尽くせ”がテーマだという。

 
主人公は実在の人物、零戦を設計した堀越二郎と文学者堀辰雄の
エッセンスを混ぜ合わせたそうだ。
 
時代は大正から昭和。
不景気と貧乏、病気、そして大震災と、日本は生きるのに辛い時代
だった。
そして、日本は戦争に突入していった。
 
堀越二郎は飛行機のエリート設計技師。
美しい風のような飛行機を作りたいと夢見るが、戦争中は意に沿わない
ことばかりをやらざるを得なかった。
精一杯力を尽くしたことが、後に世界でも傑出した戦闘機、零戦を設計する。
まともな態勢さえあれば、人を楽しませるちゃんとした飛行機を作れた
はずだ・・・
 
堀辰雄は、自ら結核に悩みつつ、より病状の思い婚約者に付き添って
信州のサナトリウムに入った経験をふまえて「風立ちぬ」という作品を
書いた。
宮崎作品では、堀越二郎の婚約者の結核と重なる。
 
宮崎駿の「風立ちぬ」は、2009年から2011年にかけて「モデルグラ
フィックス」に連載された漫画を原作としている。
 
戦闘機や戦艦を好む一方で、戦争反対を主張する宮崎駿の矛盾に対する
答えを出すべきだ、との意図もこの作品にはあったようだ。
 
企画書にはこうある・・・
自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである。
夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。
美しすぎるものへの憬れは、人生の罠でもある。美に傾く代償は少くない。
二郎はズタズタにひきさかれ、挫折し、設計者人生をたちきられる。
それにもかかわらず、二郎は独創性と才能においてもっとも抜きんでて
いた人間である。
 
どんな状況であれ、どんな職業であれ、その中で精一杯やるしかない。
力を尽くしても必ず見返りがあるわけではないが、やっぱり力を尽くして
やった方がいい。
 
「力を尽くせ」という思いは伝わってきた。
 
 
 
Img_4190

2013年7月26日 (金)

悠遊

空を見あげてごらん

 
ゆったり悠遊
 
雲もゆうゆう
 
鳥も悠遊
 
小さな自分が分かるから
 
(相田みつを)
 
 
 
秋のような爽やかな風が吹き、空が高い。
 
自分が小さく感じられる日だ・・・
 
 
Img_3979

2013年7月25日 (木)

言葉に惑わされないように・・・

松下幸之助「もっとたいせつなこと」から。

 

「平和はあくまでも平和であり

 闘争はあくまでも闘争である」

 

平和と闘争とは本来相容れないもので、ことばのうえでも

事実のうえでも、全く正反対のものである。

 

ところが近ごろは、平和のための闘争などという奇妙なことばが

口にされ、口にされるばかりでなく、このことばに基づいて、

何かとハデな闘いが展開される傾向が強い。

これはこれなりに、あるいは理屈のあることかもしれないが、

いかに理屈を通しても、相容れないものは所詮相容れない。

 

憲法改正の問題等々が日々話題になっている今、

「平和のための闘争」などと考えてはいけない。

言葉に惑わされなようにしなければ・・・・

 

 

Img_4006

 

 

 

 

2013年7月24日 (水)

仕事はつながっている・・・

「わたしの残業は、ほとんど誰かのミスでできている。」

ビジネスソフトを開発している企業の広告だ。
 
仕事はすべてつながっている。
どこかが、誰かが上手くいかないと、その影響が他の人や他の
部署にも、そしてお客様に及んでしまう。
 
また、自分の担当・自分の部署だけが上手くいっても、全体が
上手くいくとは限らない。
全体最適化が重要だ。
 
ほんの些細なミスが、大きな事故につながることもある。
 
JR北海道の頻発する事故もそうかもしれない。
たった1人のミスが、質の悪い仕事のやり方が、引き起こしている
のかもしれない。
 
一人ひとりが、毎日毎日小さな仕事を質の良い仕事にしなければ
ならない。
 
仕事はつながっている。
他の仕事ととも、お客様とも、そして明日にも・・・・
 
 
Img_4032
 

2013年7月23日 (火)

Focus1

7月20日、阪本啓一さんのFocus1 マーケティングセミナーを開催した。

テーマは阪本さんの著書の題名と同じ、
「たった1人を確実に振り向かせると、100万人に届く」
 
たくさんのキーワードを頂いた。
 
100人には100人の知り合いがいる、
そしてその100人にはさらに100人の知り合いがいる。
友達のともだちは友達だ・・・・
だから、100人に伝わると結局は100人×100人×100人
100万人に届くということだ。
 
「あり方(being)」が「やり方(doing)」を規定する。
経営理念、ポリシー、大事にしていきたことなど、軸が
しっかりしていると、やることもそれに沿ったものになる、
ということだろうか。
 
内の商品は何を提供しているんだろう?明確になっているだろうか。
ブランドは、深く・狭く、とんがる。
狭い中で天下を取る。
 
ファンクラブをつくろう、コミュニティをつくろう。
お客様をお客様ではなく、仲間にしよう。
 
お客様が買う理由作り、買う動機作り。
人が行動するには、理由がありますから・・・
 
 
気づいたことは沢山ある。
 
さて、それではこれからなにをするか?
ここが一番大切だ。
 
行動しなければ、何も始まらない。
小さな差が、大きな差になる・・・・
 
 
 
Img_4177
 

2013年7月22日 (月)

「真摯さ」を身につけているか?

参議院選挙が終わった。予想どおりの結果で自民党の圧勝となった。

 
公明党も含めると、与党は過半数を超え、ねじれは解消された。
これから安倍政権の独走が始まるのだろうか・・・
 
今回の参議院選挙の投票率は52.6%と、昭和22年以来過去3番目の
低さだという。
有権者の半数程度しか投票していない、その中での結果だ。
自民党の勝利も、国民の大多数に支持されたものではない。
 
企業も政府機関もマネジメントが重要だ。
 
P.F.ドラッカーは、マネジャーについてこう言っている。
「マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが
 教わらなくても学ぶことが出来る。
 しかし、学ぶことができない資質、後天的に獲得することの
 できない資質、始めから身につけていなければならない資質が
 一つだけある。才能ではない。真摯さである。」
 
さて、安倍首相は真摯さを身につけているだろうか。
これからの言動で、それが見えてくるのかもしれない。
 
 
Img_4162_2     

2013年7月21日 (日)

今日は鉛筆が大活躍する日?

今日の日経「春秋」。今日は鉛筆が大活躍する日、だと。

 
そうです。今日は参議院選挙の投票日です。
 
投票に用いるのは、2Bの鉛筆とポリプロピレンの用紙。
スルスルと投票用紙の上を滑る気持ちよさは、他ではめったに
味わえない、とも。
 
空海が文字について・・・
「正しく美しいだけでは立派な書にならない・・・
 字とはもともと人の心が万物に感動して作りだされたものだ」
と書いているそうです。
 
皆さん、もう投票には行かれましたか?
 
文字に大切な思いを込めて、一文字一文字書いてみては
いかがでしょうか。
 
その結果が、今夜明きらかに・・・
 
 
Pa293806

2013年7月20日 (土)

手段を目的化する

洞爺湖で撮ったカモメの写真を見ていたら、カモメのジョナサンを
思い出した。

Img_3931

 
「カモメのジョナサン」という本は、リチャ−ド・バックの小説。
1972年ころ大ヒットした。
 
カモメの「ジョナサン・リヴィングストン」は、他のカモメたちが
餌をとるために飛ぶことに対し、飛ぶという行為自体に価値を見出し
てしまう。
ジョナサンは食事をするのも忘れ、遠くに飛ぶことだけのために危険な
練習を重ねる。そして、その奇行ゆえに仲間から異端児扱いされ、群れを
追放されてしまう。
それでも飛ぶ訓練を止めない・・・・・
 
といった内容だ。(一部だけだが・・)
 
Img_3930
 
この話を思い出し、先日聴いた「手段を目的化する」という
言葉を改めて考えた。
 
生きるために食べるのか、食べるために働くのか・・・・
 
食べることを手段ではなく、目的にする。
そうすると、食べることを楽しめる。
働くことを手段ではなく、目的にする。
そうすると、働くことを楽しめる。
 
 
Img_3929
 
その時、その時に集中しよう。
「今、ここ」を一所懸命生きていこう。
 
「今、ここ」がきっと楽しくなる。
 

2013年7月19日 (金)

仕事の品質

JR北海道の特急出火事故が相次いでいる。

 
JR北海道は、仕事の品質を上げることに努力しなければ
ならないのだろう。
 
今、プロフェッショナルといえる人材は育っているのだろうか?
単なる作業員になってしまっているのではないのだろうか?
 
運転士にしろ車掌にしろ駅員にしろ整備係にしろ保線係にしろ、
一人ひとりがプロフェッショナルでなければならない。
仕事の品質を上げなければならない。
そのことが、安全に安心して乗れる列車の運行を可能にし、
お客様が支持し、利益の向上につながる。
 
社員は自分たちが良ければ・・・と思ってはいないだろうか?
会社から給料さえもらえればと思ってはいないだろうか?
給料は誰からもらう?
それは、お客様からに決まっている。
 
働いている自分たちも、お客様も両方が良くならなければ、
楽しくならなければ企業は継続できない。
自分たちだけが良くなることを考えていては、お客様はいずれ
いなくなってしまう。お金を払いたいとは思わなくなってしまうのだから。
 
そのためには、自分が出来ることを一人ひとりが精一杯やることだ。
仕事の品質を上げることだ。
 
お客様が楽しくなることが、働いている自分たちが楽しくなることに
気がついて欲しい。
 
みんな楽しく働きたいのだから。
一人ひとりが仕事の品質を上げ、お客様のお役に立とう。
結局は自分のために・・・
 
 
Img_3478
 

2013年7月18日 (木)

藻岩山

新しくなった札幌の藻岩山に、初めてロープウェイで登ってきた。

 
登ろうと思ったのは、誕生日の人は無料、というバースデー割引を
知ったからだ。
同伴者も1人1,000円と割引価格で乗れる。
 
 
まずは、ロープウェイで中腹駅へ。
   
Img_3994
 
中腹駅からはさらに、もーりすカーで山頂駅へ。
マスコット「もーりす君」もお出迎え。
 
Img_3998
 
山頂からの景色は、雲がかかり見通しはあまり良くなかったが・・・
 
Img_4003
 
Img_4010
 
こんな記念写真コーナーもあったが????
 
Img_4013
 
Img_4019
 
山麓と山頂では、気温が3℃ほど差があった。
 
Img_4062
 
山頂駅までロープウェイともーりすカーで往復すすると
大人1人1,700円。
開業当初の調査では、63%の人が、料金が高いので利用したくない
と言っていたようだ。
 
新築された駅舎は、開放感がなく”狭い”という感じ。
もっと広々とした空間で外の景色を見ることが出来るのかと
思っていたのだが・・・・
 
果たして、費用対効果はあったのだろうか?
市民の税金を使ったのだから。
 
昼間はもう1回行きたいとは思わない。
でも、夜はどうなんだろう?と、少し気になるところだ・・・
 
2,800円で年間乗り放題というパスポートもあるようだ。
2回以上行く人はこちらが絶対お得。
お誕生日の方は是非一度体験を。
そしても一度違う時間に・・・・
 

2013年7月17日 (水)

秘密保全法案、知っていますか?

政府が秋の臨時国会に提出しようとしている「秘密保全法案」。

 
国家機密を第三者に口外した人に厳罰を科すという法案のようだが、
1985年には世論の抵抗に合い立ち消えになったものだという。
 
「国の安全」「外交」「公共と安全の秩序の維持」の3分野で、
国などが指定した「特別秘密」を、故意か過失かを問わず第三者に
漏らした人、漏らすよう働きかけた人に最高で懲役10年の刑罰を科す
内容を検討しているという。
 
日本弁護士連合会では、普天間基地や自衛隊の海外派遣などの軍事・
防衛問題、TPPや核廃絶などの外交問題、原子力発電所の安全性や
放射線被ばくの実態、健康への影響などの情報も、みんな「特別秘密」
にされてしまうかもしれないと心配している。
 
 
 
そして、厳罰の対象は公務員だけではなく、企業の社員や大学の研究者、
メディアの記者も対象になるという。
 
こういう法案が決められようとしていることは知らなかった。
なにか戦争当時の情報統制のようだ。
 
安倍首相は憲法改正に向けて着々と進めているようだ。
安倍首相の目的は、アベノミクスではなく憲法改正だという人も多い。
アベノミクスは憲法改正をやりやすくする手段だと・・・・
 
国は政治家のためにあるのではない。
私たちも、政治家が何をやろうとしているのか、もっと関心を持ち
情報を知らなければならないと感じた。
 
国民の知らないところで、いろいろなことが動いている。
知らない方が悪いのか、見えないようにしているのか・・・・
 
 
Img_3379
 

2013年7月16日 (火)

対をつなぐ

7月12日のブログに、阪本啓一さんのことを書いた。

 
すると、山本藤光さんからコメントをいただいた。
阪本啓一さんとは知り合いなのだという。
友達のともだちがつながった。
 
さっそく、山本藤光さんの著書「ビリーの挑戦」を
読まさせていただいた。
最下位営業チームがトップになった話だ。
 
この本の中で、山本さんは「対(つい)をつなぐ」ことの
重要性を書かれている。
 
上司と部下もつながっている。会社と家族もつながっている。
仕事と日常もつながっている。先月と今月もつながっている。
 
そう、みんなつながっているんです。
そして、お互いに関係を作り影響しあっている。
 
色々なつながりを大事にしていきたい。
それぞれを一つひとつ・・・
 
今日は「友引」
新しい誰かとつながるかもしれない。
 
 
Img_3955_2
 

2013年7月15日 (月)

海に感謝!

今日は海の日、国民の祝日だ。

 
「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を願う日」として、
平成8年の7月20日が国民の祝日「海の日」として制定された。
そして、平成15年からは、7月の第3月曜日となり、3連休化された。
 
日本は海に囲まれた島国だ。
漁業を始めとし、海洋資源は私たちにとってなくてはならないものだ。
 
世界を見ても、海は地球の7割を占めている。
すべが海に囲まれている。
その中で、人間は生活している。
 
今、その海も汚されてきている。
放射能を始め、人間が作ってきた化学物質で。
 
もっと自然の恵みに感謝しなければならない。
当たり前にあるもののお陰で、私たちが生きていけることに。
 
海に感謝!
いつも当たり前にある、自然に感謝!
 
 
 
Img_2965    

2013年7月14日 (日)

仏という字は・・・

仏という字は

人偏に払うという字が組み合わさったもの

人間に不必要なものを

全部払ってしまえば

仏になる

 

余計なものは捨ててしまって

その奥にある大切な仏心を見つけ出せ

 

 

 

余計な物・余計な情報・余計な心配

みんな自分を護ろうとするもの

それをみんな捨てられると

本当の自分になれるのかもしれない

仏にはなれなくても・・・・

 

 

Img_2811

2013年7月13日 (土)

今朝の散歩

オオウバユリは咲いただろうか?と、防風林へ・・・

 
オオウバユリの群落
 
Img_3778
 
少しずつ咲いてきていました。
 
Img_3731
 
Img_3785
 
防風林には、オオウバユリの他にもキレイな花が
沢山・・・
 
Img_3720
 
Img_3740
 
Img_3765
 
踏みつけてしまいそうになる足下にも・・・
 
Img_3773
 
Img_3805
 
すてきなシルエットも撮れました・・・
 
Img_3732
 
さあ、今日も良い一日を・・・
 

2013年7月12日 (金)

奥尻20年

奥尻島で大きな被害が出た、北海道南西沖地震から今日で20年だ。

 
1993年7月12日22時17分に地震は発生、マグニチュードは7.8。
津波の第1波は22時20分ごろ島を襲った。
奥尻島沢の奥で、30.6mの遡上高を記録した。
 
奥尻島は復旧復興を達成し、東日本大震災後、復興の先行例として
注目されているという。
 
奥尻島は復興した。
 
そした、東日本大震災にあった岩手・宮城などは,少しずつでは
あるが、復興へと向かって進んでいる。
 
だが、福島はまだ震災は終わっていない。
原発事故という震災が。
原発事故は人災だから・・・・
 
Img_3487
 
Img_3488
 
 

2013年7月11日 (木)

「気づき」においでよ!

阪本啓一さんのやっていることは「気づきの誘発」だという。

 
自分が気づくことで、クライアントや読者も気づいてくれる。
そんな「気づきの誘発」をすることだと・・・・
 
ブランドとマーケティングを中心に仕事をしている阪本啓一さん。
コアバリューは「目の付けどころ」だそうです。
同じ現場や事象を見ていても、焦点を当てる部分が違う、と。
 
そして、「気づく力」が発信力になる。
「気づく」ためには、ずっとアンテナを立てておく必要がある、と。
 
7月20日(土)に、阪本啓一さんが札幌で発信します。
みんな、「気づき」においでよ。
 
そして、自分の気づきを発信し、仲間に誘発しよう。
「気づき」があなたを変える、会社を変える、そして
北海道を日本を変える・・・・
 
阪本さんも、楽しい出会いを待っていますよ。
 
 
 
阪本啓一さんの、日経BiZGate のコラムも読んでね。
 
 
Pb299381
 

2013年7月10日 (水)

7月10日は何の日?

7月10日は潤滑油(オイル)の日だそうです。

 
なぜ?
「OIL」をひっくり返すと「710」に見えませんか?
 
井上ひさしさんも、数字で遊ぶのが好きだったようだ。
 
50+50=50
50℃のお湯に50℃のお湯を足しても、やっぱり50℃。
 
94+1=41874
九死に一生用を得たのは良い話
 
などなど、沢山あるという。
 
一見くだらなそうに見えることも、楽しいものだ。
この楽しさから、新しいアイディアが生まれる。
頭の潤滑油だ。
 
明日は何の日にしようかな?
 
 
Img_3566_2
 
 
 

2013年7月 9日 (火)

楽しく生きることが夢?

昔、子供の頃は、毎日一生懸命遊んでいた。

毎日毎日遊ぶことに夢中になっていた。

明日のことなど考えなかった。ましてや将来の夢なんかは。

でも毎日が楽しく、充実していた。

 

今は自分の夢はなんだろう、10年後・20年後には

どうなっていたいのだろう、と考えれと言われる。

決めないと毎日の行動ができないかのように。

 

将来のことを考え、目標を持つことは大切だ。

でも、夢が見つからずに心配する。

考えなければ・・・と悩んでしまう。

 

石川洋さんは書いている。

「心配することが多いのは、今をけんめいに生きていないからだ」と。

 

子供の頃のように毎日を夢中になって過ごしたい。

今を一生懸命生きていきたい。

今が楽しくなるように。

 

いつか気がつくのだろう。

楽しく生きることが「夢」だったのだと。

 

 

Img_3173

2013年7月 8日 (月)

体質改善が必要?

6日、JR北海道の車両がまた火災を起こした。

 
JR側に責任がある列車運休や送れなどの「輸送トラブル」は、
2012年度は194件と過去15年間で最多を記録したという。
(自然災害、踏切事故を除く)
今年に入ってからも、4月、5月に特急列車の床下から出火する
事故があったばかりだ。
 
2011年5月の石勝線での車両火災があったにもかかわらず、
JR北海道はなにも変わっていないように感じる。
 
JR北海道の人達はなんのために仕事をしているのだろう・・・?
 
お客様の役に立つことを願って仕事をしているのだろうか。
与えられた作業をしていれば、給料をもらえるから仕事をしている
のだろうか。
社員の中にはそれぞれの考え方を持っている人がいることだろう。
 
今大事なことは、経営者と社員が一体となって、お客様の役立つ
仕事をすることだろう。
 
JR北海道の経営理念には下記のことが書かれている。
 

JR北海道グループは、「旅とくらしのサポート事業グループ」として、

常にお客様第一を実践し、交通ネットワークを基盤に旅とくらしの分野に
おいて、お客様の安全を最優先に、安心してご利用いただけるサービスを
提供するとともに、お客様の満足と感動の実現をめざします。
 
この経営理念は飾りだろうか?
社員はこの経営理念を理解しているのだろうか?
今一度、経営理念に立ち返り、経営者・社員が一体となった体質改善に
取り組む必要があると思うのだが・・・・
 
今のままでは、公共交通機関としての役割は果たせない。
ましてや、新幹線を運行するなど、もってのほかだ・・・
 
 
Img_3543

2013年7月 7日 (日)

庭の花

我が家の庭の花。

 
今、バラがキレイに咲きだしている。     
 
Img_3626
 
Img_3630
 
Img_3631
 
バラが何本あるのかは、私には分からないが・・・
 
Img_3632
 
Img_3645
 
Img_3642
 
Img_3646_2
 
バラ以外にも花は・・・・
 
Img_3637
 
Img_3658
 
 
Img_3650
 
こうして写真に撮ると、ますますキレイに感じる・・・
 
Img_3659
 
Img_3669
 
これからしばらくは、庭の花を楽しめそうだ・・・・

2013年7月 6日 (土)

メディアも思い通りに・・・?

自民党が、TBSの報道内容に「公平性を欠く」と批判し、

取材を拒否していたが、TBS側が「公平な報道をしていく」
という文書を提出し、自民党は取材拒否を解除した。
 
これもすべて、安倍首相の指示のようだ。
 
問題となった報道は、6月26日の「NEWS23」
会期末となった国会で、自民党が法案採決より問責決議を優先
したことへの、自然エネルギー財団の大林ミカ氏の発言が元の
ようだ。
 
安倍首相は、報道の内容も自分が気に入らないものは切り捨てる、
そう感じてしまう。
まるで我がままな子供が、自分の思い通りにならないとワメイている
ようだ。
 
 
最近は若者の幼児化が言われているが、政治家も同じように
感じる。若者のことは言えない。
 
もっと大きな器の人が国の長であることを望みたいな〜。
 
 
Img_2942
 
 
 

2013年7月 5日 (金)

検診を受けても寿命は延びない・・・?

今日の北海道新聞「異見!異論!」

 
ジャーナリストの船瀬俊介さんが「検診を受けると短命になる」と
書かれています。
 
検診を受ける理由は、病気の早期発見、早期治療。つまり寿命を
延ばすのが目的だが、受けた人と受けなかった人を比べると、検診を
受けて寿命が延びたという証拠はない、と。
 
国内では300万人が受ける人間ドック、欧米にはないそうです。
日本人の全がん患者の3.2%はCTによる被ばくで発ガンしているとも・・
 
薬は危ない。
薬の副作用で短命になることもある。
医者は、人体の自然治癒力を大学で学ばずに、薬に頼ってしまう、
と言っています。
 
 
 
何か問題が起こると対処する。
対処した結果別の問題が発生すると、それに対する新たな対処をする。
そうして対処を繰り返していった結果が複雑にからまり、対処不能になる。
今の世の中はその連鎖のような気がする。
 
その場しのぎの対処ではなく、コンポンに戻って考える。
元が直れば、先の対処は必要ない。
 
人間も世の中も複雑に絡み合っている。
関係性とコンポンを考える習慣を持ちたいものだ。
 
 
Img_2816

2013年7月 4日 (木)

政治家

ムルシ大統領の辞任を求めるデモが続くエジプト。
 

そのムルシ大統領は・・・

 
「国民は自由選挙で私を大統領に選んだ。私は国民が制定した憲法に
 従わなければならない。」
と強調し、退陣を拒否。
法に則った命令に対抗する勢力を拒否するよう促したという。
 
なにか、日本の安倍政権に似ているような気がする。
 
先の衆議院選挙で大勝した自民党。
その理由には、民主党に嫌気がさしたから・・・という人も
多かったのではないだろうか。
積極的に、是非自民党に任せたい、という人はどれだけいたのだろう。
 
選挙で選ばれたから、という理由で、自分がすることはすべて正しい、
ということにはならないだろう。
 
 
安岡正篤氏は政治家について、
 
政治が民衆的になるにしたがって、いつ頃からか、政治家といえば
老獪さを創造するようになって、進んでは老獪性すなわち物事の真相を
不明瞭にし、責任を曖昧にして、平気で自己を偽るばかりでなく、
人をも何が何だか分からなくしてしまって、その間にさっさと事を運んで
ゆくような能力を好適な資質とするようになった。
これは危険な、そして多くは堕落した考えである。
 
そして、特に国民の幸不幸は政治の影響が大きい・・と。
 
 
今日、参議院議員選挙が公示される。
今回からインターネットも活用されようだ。
 
しっかりと情報を収集して選んでいきたいものだ。
でも、選ばれると”コロット”ひっくり返るからなあ〜 
誰を選べば良いものやら・・・???
 
 
Img_2923
 
 
 

2013年7月 3日 (水)

リーダーの仕事は「決める」こと

リーダーの仕事は「決める」「意思決定する」ことだ。

 
部下から相談された時、すぐに決められますか?
どのようにしたらようでしょう?
こうしたいと思いますが、いかがでしょうか?
案を3つ作ってみました、どれが良いと思いますか?
 
こんな相談を持ちかけられた時に、素早く決めて返事を
して上げることが出来るだろうか?
 
決めるのに時間がかかり、なかなか返事をもらえないと
部下からは頼りない上司と思われてしまうだろう。
そして、時間とともに出された案の効果は薄くなる。
 
意思決定は早く、が今の時代には必要だ。
そして、その意思決定が間違えだと分かったら直せば良い。
 
決めたことに100%正しいことはないだろう。
それなら、早く決め、間違いだと分かったらすぐ直す。
それを早く繰り返した方が、正しい決定に近づいていく。
 
ただ、間違った時に大切なのは、決めた自分(リーダー)の
責任だと認めること。
決して、部下のせいにしないことが肝心だ。
 
意思決定はリーダーの仕事、そして間違ったらリーダーの責任!
 
 
Img_3193

2013年7月 2日 (火)

福島、旅日記・・・その3

福島県の飯館村にも行ってきました。

 
人口は6,000人弱の、自然が奇麗な地域でした。
 
3.11の震災で、地震による直接の被害は少なかったものの、
福島第一原子力発電所の事故により、大きな被害を受けました。
 
Img_3492
 
放射能汚染の被害を受け、住民は避難。
人のいない街になってしまいました。
 
Img_3502
 
Img_3503
 
畑も手を付けられず、草がぼうぼうと・・・
 
Img_3501
 
商工会も、明かりがついていません。
 
Img_3520
 
スーパーは閉鎖されたまま・・・
こんな地域に誰がしたのでしょう。
 
Img_3521
 
「除染中」の看板があちこちに立っていて、
見かける人は、除染作業の人ばかり。
 
 
Img_3536
 
今は、わずかに郵便局とJA,そして村役場に人が・・・
 
役場の前庭にある放射線量測定器。
以前に比べると線量がすごく下がったようですが・・・
 
Img_3505
 
「夢大らかに」の村民歌の碑が、痛々しく感じました。
 
Img_3509
 
この放射能の影響は、この地に住んでいる人でないと
分からないな、と実感しました。
 
そして、このような小さな村のことなど、すぐに忘れられて
しまいそうで、それが怖いな。とも思いました。
 
 

2013年7月 1日 (月)

日本国憲法

今朝の北海道新聞に「あらためて読む 日本国憲法全文」が載っていた。

 
安倍首相が憲法改正を容易にしようと、改正に積極的な憲法第96条。
 
その近くの条文にはこのようなものもある。
第97条
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる
自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、
現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託
されたものである。
 
そして、第99条には
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
 
国務大臣や国会議員はこの憲法を護れ、というではないか。
 
この機会に、あらためて私たち一人ひとりが憲法ができた経緯や
内容の意味を勉強してみる必要があるのではないだろうか。
 
もし、憲法が今の時代に合わなくなってきたと考えるのなら、
憲法のその一部をどう変えるかという議論ではなく、もう一度新しく
作るという気概で取り組まなくてはならないではないか。
 
それも、国会議員からの発議ではなく、多数の国民からの発議で・・・
 
 
Pc259617_2

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ