最近のトラックバック

« 切腹最中 | トップページ | 福島、旅日記・・・その2 »

2013年6月29日 (土)

不便力

JR北海道の車内誌に、小檜山博さんが「不便力」と・・・

 
ときどきぼくは、いまの自分の豪勢すぎる生活を、夢を見ているのでは
ないかと思うことがある。
現在住んでいる家は築26年のボロ家だが、茶の間にも書斎にも石油ストーブ
があるし、台所の蛇口の栓をひねれば飲み水が出るし、風呂もスイッチ一つで
湯が出る。これが驚異だ。
携帯電話とかインターネットとかワープロはまったく必要ないので持っていな
いが、ラジオや電気洗濯機も冷蔵庫も電気掃除機、電気炊飯器まである。
電気ミシン、ビデオデッキ、電気餅つき機、カメラ、なんとトイレは水洗なの
だ。
 
電話はほとんど使わないしテレビはあまり見ないが一応はあるし、10万㌔走っ
たボロ車だが乗用車まで持っている。
なにより凄いのは、電気がきていて各部屋に電灯がついていることだ。
夜が明るいのである。この異状なまでの便利さが信じられない。
    ・
     ・
     ・
こんなことがあっていいわけがない。
限られた資源しかない小さな地球に70億人もが住み、食べる物も住むところも
着るものもないため、1日に何万人もが死んでいるというのに、ぼくがこんな
物に満たされた生活をしていいはずがない。
 
不快なことは、便利さの中に浸りきって脳味噌も手足も退化して行くのを感じて
いる。
このままでいいはずがないと思う。
思うのにけっきょくはたいした手も打たずに日を送る自分の愚かさに苛立つ。
 
・・・・
 
本当に便利すぎる世の中で、私たちは生活できている。
その便利さに感謝するとともに、本当にこんなに便利でいいの?
という疑問も持つ必要があるのではないだろうか。
 
今が、自分がどんどん便利になっていくことで、後の世代に、周りの人に
そのツケがいっていないのだろうか・・・・
 
 
Img_3540
 

« 切腹最中 | トップページ | 福島、旅日記・・・その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切腹最中 | トップページ | 福島、旅日記・・・その2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ