最近のトラックバック

« 教育のキッカケに・・・ | トップページ | 朝の散歩 »

2013年5月30日 (木)

親離れできない大学生?

親離れできない大学生が増えているという、ベネッセ教育研究開発センターの

調査がでていた。
 
調査は2012年11月、1〜4年の大学生4911人を対象に実施したという。
 
学生生活や就職などで、保護者の意見に従うことが多い 45.9%
困ったことがあると保護者が助けてくれる 49%
お金が必要になったら保護者が援助してくれる 64.4%
 
そして
学生生活は大学の教員が指導・支援する方が良い 30%
と前回より倍増したことから、大学生活でも受け身の姿勢が目立つと・・・
 
また、
教員が知識を一方的に教える講義形式の授業が良い 83.3% 
発表などをする演習形式が良い 16.7%
興味がなくても単位が取れる授業が良い 54.8%
などもある。
 
 
親が支援するのは当然のことだが、支援してもらえることがあたりまえ、
という習慣が身についた結果だろうか。
 
親離れできない子供がいる背景には、子離れできない親がいることも
あるだろう。
 
親の役割は「子供を守る」ことから徐々に、「子供を自立させる」ことへ
変わっていかなければならないはずだ。
でも、最近ではいつまでも「子供を守る」ことから離れられない親が多い
ように感じる。
 
子供を育てるのは親やその時代の社会。
今の子供がどうなっているのかは、育てた大人に原因がある。
 
 
Img_1904    

« 教育のキッカケに・・・ | トップページ | 朝の散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育のキッカケに・・・ | トップページ | 朝の散歩 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ