最近のトラックバック

« 春が来た | トップページ | 過去の延長線上に未来はない? »

2013年4月22日 (月)

太陽元気ない?

今年の太陽活動は「非常に元気のない」状態だという。

 
十勝管内陸別町にある銀河の森天文台の上出洋介館長
(名古屋大名誉教授)と草野完也同大教授の研究で
明らかになった。
 
今年は、活動の活発な「極大年」に当たり、本来なら
黒点が150以上あるのが一般的だが、今年に入ってからは
70ほどしかないらしい。
 
磁気嵐も少なく、衛星放送の電波障害などを起こすことが
少なくなりそうで、地球に取っては朗報にも見えるが、
この傾向が続くと、地球が寒冷化に進む可能性もある。
 
もし、地球の寒冷化が急速に進んでいったら・・・
人間は活動が出来なくなり、滅んでしまうかもしれない。
それくらい、我々は太陽という自然の影響を大きく受けている。
 
3.11の大震災で、自然の力の大きさを知ったはずだが、
喉元過ぎればなんとやらで、すぐに忘れてしまう。
 
この宇宙や地球の中では、人間はちっぽけな自然の一部に
しかないことを理解する必要があるのでは?
 
ちっぽけな人間のちからでは、どうにもならないことが
沢山あることを・・・・
 
ここ数日地震が各地で続いている。
大自然の力はとてつもなく大きい。
 
 
P1014346

« 春が来た | トップページ | 過去の延長線上に未来はない? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春が来た | トップページ | 過去の延長線上に未来はない? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ