最近のトラックバック

« ツイテル ツイテル! | トップページ | 今日は啓蟄 »

2013年3月 4日 (月)

深く考え、やさしく伝える

日経トップリーダー3月号に、宅急便の生みの親、

小倉昌男氏の特集が載っている。
 
小倉氏が腐心したのが「深く考え、やさしく伝える」こと
だったという。
そして、物事の本質を誰もが分かる数文字の言葉で表す能力に
たけていたとも。
 
小倉イズムの原点「サービスが先、利益は後」という言葉も、
利益は後と、敢えて第二を明示することで、第一が何か、
どれほど重要かを一目瞭然にした、という。
 
キャッチフレーズやセールスドライバーを寿司職人にたとえて
説明する比喩も用いたとか。
 
伝え方5か条というのがあるそうだ。
1.本質を一言で表す
2.優先順位を明示する
3.伝える内容を絞り込む
4.同じことを言い続ける
5.身近な比喩を用いる
 
 
分かりやすく相手に伝えるのは、難しいものだ。
伝わらなければ伝えたことにはならない。
 
伝えたつもり、聞いたつもり、にならないように確認が必要だ。
そこから、ミスや事故やクレームに繋がるのだから・・・・
 
難しいことを分かりやすく。
特にリーダーには練習してほしいものですね。
 
 
Img_0240
 

« ツイテル ツイテル! | トップページ | 今日は啓蟄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツイテル ツイテル! | トップページ | 今日は啓蟄 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ