最近のトラックバック

« 深く考え、やさしく伝える | トップページ | 社員を育てる »

2013年3月 5日 (火)

今日は啓蟄

啓蟄・・・

二十四節気の一つ。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が、外に
はい出で来るころ。
 
「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、
「蟄」には、「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」
という意味があり、   
「啓蟄」は文字通り、地中で冬ごもりをしていた虫が、春の到来を感じ、
草木が芽吹くと同時に地上へはい出してくるという意味だ。
 
北海道は3日前に暴風雪で大きな被害があったように、まだまだ
雪の中だが、今週は気温も上がり春の気配を感じそうだ。
 
日本文化いろは事典に、「啓蟄」は・・・
日本人が「さあ働くぞ」と意気込み始める日のことを言う、とある。
 
昨日函館出張の時にJRの車内で「さくらアイス」を賞味。
春を感じることが出来た。
 
春はもうすぐ。
さあ今日も働くぞ!
 
 
 
P3040470
 

« 深く考え、やさしく伝える | トップページ | 社員を育てる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深く考え、やさしく伝える | トップページ | 社員を育てる »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ