最近のトラックバック

« 原発事故は、まだまだ終っていない | トップページ | 一所懸命に動く »

2013年3月20日 (水)

お彼岸

今日は春分の日。

春分とは、太陽が真東から昇り、真西に沈む日。
昼と夜が同じ長さになる。
 
そして、春分の日を中日に、前後3日を含めた7日間が
春のお彼岸。
 
日本では古来このころに農事始めの神祭をしていたそうです。
 
お彼岸によく見られる「ぼたもち」と「おはぎ」。
それぞれの季節の花を意識して名前が変えられている。
 
春のお彼岸にお供えする場合は「牡丹餅」。こしあんが一般的。
そして、秋のお彼岸の場合は「お萩」。粒あんが一般的。
 
でも、最近は売っているのはいつも「おはぎ」のようだ。
春も秋も「おはぎ」
ここでも季節感がなくなったのだろうか?
 
毎年よ彼岸の入りに寒いのは (正岡子規)
 
北海道もようやく春の気配が感じられるようになってきたが、
明日はまた真冬日のようだ。
 
本格的な春が待ち遠しい・・・・
 
 
P3200759

« 原発事故は、まだまだ終っていない | トップページ | 一所懸命に動く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発事故は、まだまだ終っていない | トップページ | 一所懸命に動く »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ