最近のトラックバック

« 上手くいくの・・・? | トップページ | 青函トンネルと北海道新幹線 »

2013年2月 1日 (金)

ツケは地方と弱者に

2013年度政府予算案が92兆6115億円に決まった。

一昨日の北海道新聞の見出しは「ツケは地方と弱者に」
 
地方交付税4000億円の圧縮と、生活保護費の大幅削減だ。
 
デフレ脱却を掲げ、経済再生を最優先課題に据える戦略は、
理念なき「ばらまき」といわざるを得ない。
公共事業は景気浮揚に向けたカンフル剤であり、過度の期待は
禁物と指摘。
 
一方、国民生活や地方へのしわ寄せが目立つ。
生活保護世帯だけではなく、低所得者にも影響が及ぶ
ことが問題だとも。
そして「貧困の連鎖になりかねない」と。
 
威勢良く聞こえるアベノミクス。
円安・株高と、大企業には都合が良いのだろう。
 
はたして、大企業の増収も、中小企業や個人にまで
戻ってくるだろうか?
 
そして、一般会計のみならず、特別会計はどうなるのだろう?
まだまだ、国民は監視の目を逸らしてはいけないのだろう。
 
 
P1300225    

« 上手くいくの・・・? | トップページ | 青函トンネルと北海道新幹線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上手くいくの・・・? | トップページ | 青函トンネルと北海道新幹線 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ