最近のトラックバック

« モノ・コトの不具合は人の問題 | トップページ | かたつむり・・・ »

2013年2月22日 (金)

やっぱり、最後は人の力?

20日の夜から21日の朝にかけて、北海道は石狩・空知地方を

中心に大雪に見舞われた。
 
江別市で54センチ、札幌市北区拓北で53センチ、北区あいの里で
51センチなど。
札幌市内では、区によって降雪量は大きな差があった。
 
この影響で、JRは大きな影響を受けた。
20日午後11時ころには、視界不良で列車は立ち往生。
乗客は翌朝まで車内で待機状態になった。
 
あまりの雪の多さに、JRでは除雪車も進めないところも。
結局は作業員が手作業により、線路を書き出すことに。
 
やっぱり、最後は人の力でなんとかしなければならない。
機械に頼っているだけではダメなのだ。
 
駅で再開を待つ乗客の中には「早めに再開の見通しを示して
ほしかった」との声もあるが、情報を集め、どう判断して
どの手段を選択するかも自分の力。
 
すべては人の力なんだな・・・
 
 
   P2220451
   (写真は北海道新聞紙面から)

« モノ・コトの不具合は人の問題 | トップページ | かたつむり・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モノ・コトの不具合は人の問題 | トップページ | かたつむり・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ