最近のトラックバック

« サラリーマン川柳 | トップページ | やっぱり、最後は人の力? »

2013年2月21日 (木)

モノ・コトの不具合は人の問題

JR北海道静内駅で、運転士がトイレに行くため運転席をはなれた際に、

列車が動きだし、運転士が気づいてブレーキをかけたが、列車は10m
動いたという。
 
車内には約30人の乗客がいて、気がつくのが遅ければ、大きな事故に
なった恐れもある。
 
ここ数年、JR北海道ではドアが開きっぱなしになっているなど、
トラブルが相次いでいる。
 
ブレーキが利かなかったのも、ドアノ部品が摩耗して閉まらなかった
のも、すべては人の問題だ。
 
これはJR北海道に限らず、すべての企業などにもいえることだ。
 
機械や設備が故障したり上手く動かなっかたり、いろいろなトラブルが
起こったり・・・・
 
これはすべてが人の問題だ。
機械や設備が悪いわけではない。
 
使い方が悪かったり、メンテナンスをしっかりしていなかったり、
そもそのその機械や設備を作ったのは人なのだから。
 
一昨日は釧路に行く際、列車に鹿が衝突した。
これも人の問題・・・??
今日は帯広から札幌へ。
何もないことを願って・・・・
 
 
Img_0244
 

« サラリーマン川柳 | トップページ | やっぱり、最後は人の力? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サラリーマン川柳 | トップページ | やっぱり、最後は人の力? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ