最近のトラックバック

« ガラガラポン | トップページ | さっぽろ雪祭り »

2013年2月 6日 (水)

経済発展と有害濃霧

中国環境保護省は、喘息などを引き起こす微小粒子状物質

PM2.5を含む濃霧が、国土面積の4分の一に当たる範囲で
発生し、全人口の5割弱の6億人が影響を受けたと発表した。
 
中国では急速な経済発展による公害問題が頻発している。
習近平指導部は、2020年までの所得倍増を目標に掲げ、
経済発展を最優先させる方針を堅持している。
 
この微小粒子状物質PM2.5は、日本にも飛来しており、
福岡市では、「注意報」や「勧告」を発令する方針を
示した。
 
中国の影響かは分からないが、北海道でも1月中の6日間、
PM2.5が国の環境基準値を超えていたという。
 
専門家の分析によると、西日本を中心に日本全国の上空に
流れ込んできているようだ。
 
経済発展による公害問題。
日本でも通ってきた道だ。
 
今日本では、安倍首相が経済発展の大きな目標を掲げている。
原発が、大きな公害問題にならなければ良いのだが・・・
 
 
P4306343

« ガラガラポン | トップページ | さっぽろ雪祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラガラポン | トップページ | さっぽろ雪祭り »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ