最近のトラックバック

« さっぽろ雪祭り | トップページ | 受け継がれているだろうか? »

2013年2月 8日 (金)

何が主役? さっぽろ雪祭り

さっぽろ雪祭り、大雪像が多く並ぶ大通り会場。

 
札幌市の中心部、大通公園1丁目〜12丁目が会場だ。   
各丁目ごとに大雪像が1基(場所によっては2基)作られている。
 
今年行って驚いたのは、飲食や物販などの出店の多さだ。
それも各丁目の真ん中に陣取っているではないか。
 
  P20603082
 
雪像を見に来た客は、両端の通路を一歩通行に進むのだ。
発泡スチロールの空き箱やガスボンベが丸見えの出店の
裏側も見ながら。
そして、最も多い飲食店の様々に混じった匂いを嗅ぎながら・・・
 
P2060340
 
いったい何が主役なんだ?さっぽろ雪祭りは?
 
ある旅行会社のツアー案内に、
「観るものを圧倒する大雪像から細やかな造形に満ちたオブジェまで、
 そこはまさにファンタジーの世界。ライトアップされた夜の会場も
 とても幻想的です。」
と書かれている。
 
P2060378    
 
たしかに雪像自体は幻想的。
だが、周りを見渡すと、どこがファンタジーの世界?どこが幻想的?
どっかと陣取った出店の建物や、目立つ宣伝用のノボリや旗を見、
焼き物の匂いを嗅ぐと、まったく興ざめしてしまう。 
 
沢山の人が集まる。
せっかく人が集まるのだから、ここで売らなければ損だ。
単なるお祭りの出店と同じ。時代遅れではないのか?
 
中心は雪像。それをどう楽しんでいただくか。
ファンタジー・幻想的というような非日常の世界を
どう体験していただくか。
ここをしっかり考えないとリピート客は増えていかない。
 
P2060282
 
売るにしても、もっとセンスの良い販売の仕方を
考えることはできないのだろうか?
 
会場周辺では「歓迎」の韓国語が間違っていたという。
札幌の事業者のセンスが問われているように感じた。
 
 

« さっぽろ雪祭り | トップページ | 受け継がれているだろうか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さっぽろ雪祭り | トップページ | 受け継がれているだろうか? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ