最近のトラックバック

« 日本の歴史を学ぶ日? | トップページ | もうこりた »

2013年2月12日 (火)

学校にもO.J.T.を

会社で、上司や先輩が部下や後輩に教えるやり方の一つに

O.J.T.(On the Job Training)がある。
 
日常の仕事を通じて、業務に必要な知識・技術・態度などを
継続的に指導する。
 
一人ひとりの指導項目を把握し、指導方法を考える等、個人の
ニーズに対応した目標を設定して指導する。
 
これに対して、集合研修などはOff.J.T.(Off the Job Training)だ。
沢山の人を一定の水準までレベルアップさせるのに適している。
 
企業の研修は、O.J.T.とOff.J.T.の組み合わせだが、中心はO.J.T.だ。
仕事を通して一人ひとりにあった指導をしていく。
 
・説明する
・やってみせる
・実際にやらせてみる
・結果を評価する。(ホメル)
という手順を踏んで出来るようになるまで教えていく。
 
学校はどうだろうか?
生徒全体を一定の水準までレベルアップさせる、Off.J.T.型が中心
なのではないだろうか? それも一歩通行の。
 
・説明する ー やってみせる — やらせてみる
という手順は同じかもしれない。
ただ、一人ひとりにあった方法ではなく、全員に同じ方法で。
 
そして、出来るようになるまで・・・はどうだろうか?
出来なかったら、しかたない、自分で頑張れ、と
指導を諦めていないだろうか?  
 
生徒も一人ひとりのレベルは違う。理解度も違う。
目標も個々に変えた方が良いのかもしれない。
 
もう少し、一人ひとりのニーズに合った指導法を期待したい。
一人ひとりの生徒を、しっかり見つめて・・・・
 
 
 
Pa058942
 

« 日本の歴史を学ぶ日? | トップページ | もうこりた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の歴史を学ぶ日? | トップページ | もうこりた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ