最近のトラックバック

« 北海道から日本を元気に! | トップページ | ツケは地方と弱者に »

2013年1月31日 (木)

上手くいくの・・・?

柔道女子の日本代表の強化合宿で暴力行為があったとして、
選手15人が園田隆二監督などを告発する文書をJOC
=日本オリンピック委員会に提出した問題で、全日本柔道連盟は、
問題を陳謝するとともに園田監督を戒告処分にした。 

 
全日本柔道連盟の調査では、園田監督の暴行は、平成22年8月
から去年2月までの間に合わせて5回あり、調査に対し園田監督は
「合宿中に指示どおりに動かないと殴った」とか、「棒で胸を小突いた」
と説明したうえで、「勝たせたいという気持ちが強すぎて手を上げて
しまった」などと釈明したということです。
 
全柔連は園田監督が反省していることを考慮し、交代させない方針
だという。
戒告は懲戒処分の中では最も軽い処分だ・・・
 
このままで、この後上手くいくのだろうか? はなはだ疑問だ。
選手たちがJOCに直訴しなければならなかった経緯を考えると、
監督らと選手との信頼関係は築かれていない。
 
指導する側と指導される側の信頼関係が築かれていなければ、
指導の効果は無いに等しい。 

監督は「勝たせたい気持ちが強すぎて・・・」と言っているが、
本当に選手に勝たせたかったのだろうか?
勝った選手を育てたという栄誉を、監督自身が得たかったのでは
ないのだろうか?
 
そして、あまりにも全柔連という組織を守る力が働いている
のではないだろうか?
組織も大きくなるほど、歴史が長くなるほど、組織自体を
守ろうという力が強くなりがちだ。
本来の目的を忘れてしまう。
 
 
本当に選手を勝たせたければ、選手のモチベーションを上げること
を重視するはずなのだが・・・
 
指導の方法も、過去の延長線上では通用しない。

 
 
 
Pc259908

« 北海道から日本を元気に! | トップページ | ツケは地方と弱者に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道から日本を元気に! | トップページ | ツケは地方と弱者に »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ