最近のトラックバック

« 真の文明は・・・・ | トップページ | 商売繁盛・・・ »

2013年1月 9日 (水)

オリンピック誘致

2020年の夏期オリンピック。

東京が再び招致レースに参加して、誘致合戦が始まった。
 
19世紀にピーエール・ド・クーベルタン男爵の提唱で始まった
近代オリンピック。
 
そのクーベルタン男爵が提唱したオリンピズムとは?
 
オリンピック憲章にはこう書いてある。
 
オリンピズムは人生哲学であり、肉体と意志と知性の資質を高めて
融合させた、均衡のとれた総体としての人間を目指すものである。
スポーツを文化と教育と融合させることで、オリンピズムが求める
ものは、努力のうちに見出される喜び、良い手本となる教育的価値、
社会的責任、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重に基づいた生き方の
創造である。
 
オリンピズムの目標は、スポーツを人類の調和のとれた発達に役立てる
ことにあり、その目的は、人間の尊厳保持に重きを置く、平和な社会を
推進することにある。
 
 
 
はたして、現在のオリンピックはどうだろうか?
そこに哲学はあるのだろうか。
 
単なる経済活動としか見えないのだが・・・・
 
今一度原点に戻ってはいかがだろうか?
 
 
 
P7297889    

« 真の文明は・・・・ | トップページ | 商売繁盛・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真の文明は・・・・ | トップページ | 商売繁盛・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ