最近のトラックバック

« 北海道の今年の一文字は? | トップページ | 三辞三譲 »

2012年12月15日 (土)

廃炉費用も電気料金で?

活断層で再稼働が難しくなった、日本原子力発電敦賀原発。

 
仮に廃炉になった場合、廃炉費用などの負担について、
国、原電、電力各社の協議が必要、と電気事業連合会の会長。
 
廃炉にするための費用も、税金や電気料金の値上げで
国民が負担することになるのだろう。
 
原子力発電は、発電コストが安いといわれている。
本当にそうなのだろうか?
 
原子力発電所をつくための費用。
ウランなどの燃料代と使用済み燃料の処理費用。
およそ1年ごとに行う定期検査やメンテナンス費用。
そして、数十年はかかるという廃炉費用。
 
廃止するだけでも1千億円以上かかるといわれています。   
これらを考えると本当にコストは安いのだろうか?
 
廃炉になったときのことは言わずに、それ行けドンドンと   
この原子力発電を推進してきた自民党と原子力ムラの面々。
 
彼らの責任は大きい。
 
 
Pc159426

« 北海道の今年の一文字は? | トップページ | 三辞三譲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道の今年の一文字は? | トップページ | 三辞三譲 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ