最近のトラックバック

« 企業の体質は変われない? | トップページ | 物の年齢、人の年齢 »

2012年12月21日 (金)

終末? それとも始まり?

古代マヤ文明の暦が2012年12月21日で終わることから、
人類が終末を迎えるとの終末論が世界中を駆け巡っているという。

   
これに飛びついたのが、マヤ文明ゆかりの地メキシコやグアテマラの
政府や旅行業者ら。
この日を絶好の商機と捉え、観光客誘致に力を入れるとのこと。

メキシコでは観光庁が専用サイトを立ち上げブームをあおる。
旅行業者はカンクン観光をパックにした「『世界の終わり』を
カンクンで過ごそう」などのツアーを売り出しているという。
 
欧州でも、トルコやフランスのパワースポットなどで当日を迎え、
“世界の終わり”から逃れようとする人が殺到しているらしい。

日本ではあまり騒がれていないようですが・・・・

16世紀ごろに滅んだとされるマヤ文明は、ピラミッドや天文学など
高度な文化が発達したことで知られています。
終末論は、当時のマヤで使われていた暦が、2012年12月21-23日頃
にかけて区切りを迎える話がもとになっているようです。

 
しかし、中米グアテマラにある古代マヤ文明遺跡の壁画で、
西暦800年ごろのマヤ最古とみられるカレンダーが記されて
いるのを米ボストン大学などのチームが発見し、科学誌サイエンス
に発表。
 
マヤ暦は、今年12月22日を世界の終末とすると解されることがあるが、
壁画の解読に携わった研究者らは、同暦が2012年12月を新たなサイクル
の始まりとし、膨大な時の流れを予測していたとしているといいます。

 

さて、今日は世界の終末か?それとも新たな始まりか?

 

2012年もあと10日。
ひとつの区切りの日なのかもしれない。

終わりがあれば、始まりもある・・・・ 

あなたは、どんな始まりにしますか?

 

 

P7217687

 

 

« 企業の体質は変われない? | トップページ | 物の年齢、人の年齢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業の体質は変われない? | トップページ | 物の年齢、人の年齢 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ