最近のトラックバック

« 元がなくなれば・・・ | トップページ | なに?これは・・・怒るぞ! »

2012年11月 1日 (木)

任せると、人は育つ

若手経営者から、お話を聴いた。

 
彼は、各部署の発注権限をすべて部下に任せているそうだ。
それも、会社のすべての金額を。
 
社長になって良かったことは?との質問に、
彼は、自分で決められるのが楽しい。
車を自分で自由に運転できるように、と答えた。
 
 
任せれば、人は育つ。
いや、人を育てるには任せることが一番だ。
 
現場を一番知っているのは、現場の人間だ。
現場のことは、トップより現場の人間が一番知っている。
だから、現場に任せる。
そして、自分で決められることは楽しく、モチベーションが上がる。
 
 
彼も、先代から任されてきた。
少しずつ任される仕事の範囲を広げながら。
だから、トップになった時にもスムーズに交代できた。
 
 
部下に仕事を任せるときは、いっぺんにすべてを任せることは難しい。
仕事の範囲を少しずつ拡げながら、できるように育てていく。
 
 
任せるためには、トップの思い(理念や方針)をしっかり伝える
必要がある。
 
そして、一番大事なことは、
任せた結果の責任は、任せたトップが取ることだ・・・・
 
 
Pa319233

« 元がなくなれば・・・ | トップページ | なに?これは・・・怒るぞ! »

経営・ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元がなくなれば・・・ | トップページ | なに?これは・・・怒るぞ! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ