最近のトラックバック

« 絶対な物はない? | トップページ | つながり »

2012年11月27日 (火)

安いことは、いいこと?

吉野家ホールディングスは並盛りで250円の牛丼を販売する店の出店を始めた。

 
牛肉やごはんの量、味付けは吉野家で出す380円の商品と同じだが、
価格は3割以上安い。
3年で100店を出店するという。
 
今回は1次的なキャンペーンではなく、通常価格が250だ。
  
価格が安いことは、ありがたいように見えるが
本当にこれでいいの?と思ってしまう。
 
安く提供するということは、この仕事に関連する様々な
企業・人も、安く提供しなければなんないということだろう。
 
仕入れも、店舗などの工事や設備も、そしてお店や関連する企業で
働く人の人件費も・・・・
 
結局は巡り巡って、自分たちの給料が上がらない、そんな
悪循環をくり返してしまうのではないのだろうか?
 
安く、安く!
の大合唱が、自分の首を絞めていくように感じる・・・・

Pb229322

« 絶対な物はない? | トップページ | つながり »

経営・ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶対な物はない? | トップページ | つながり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ