最近のトラックバック

« よく見る・・・・ | トップページ | 北海道日本ハム おめでとう! »

2012年10月19日 (金)

地震予知は無理

日本地震学会は17日、地震が起こる時間や場所などを特定する
「地震予知」は現状で困難だと、社会に対し丁寧に説明すべき
などとした学会改革の行動計画を明らかにした。

 
警報につながる確度の高い「地震予知」は困難で、確率で表される
長期的な予測に「地震予知」という言葉は使わないよう努力すべき
だとしている。
 
これまでに地震の予知の研究に費やされた国の予算はおよそ3,000億円。
ところが、これまで地震の予知に成功したことは、一度もないという。
   

日本の地震予知の研究は、どのように始まったのか。
地震学者たちが50年前に作った、通称「ブループリント」と呼ばれる、
地震予知計画の青写真として発表されたもの。
これが発表されてから3年後、国家プロジェクトとして地震予知計画がスタートした。
   
東京大学大学院理学系研究科のロバート・ゲラー教授は「50年前の研究者は、
多少のメリハリをつけないと、予算はもらえなかったはずです。
地震予知のための(観測網)だから、予算をもらった」と語った。
   
1962年の「地震予知 現状とその推進計画」には、「地震予知がいつ実用化するか、
10年後には、この問いに十分な信頼性をもって答えることができるだろう」と
書かれている。
 
 
 
自然の出来事を予知ができると思うことが、人間の傲慢かもしれない・・・・

 
Pa089045
 

« よく見る・・・・ | トップページ | 北海道日本ハム おめでとう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よく見る・・・・ | トップページ | 北海道日本ハム おめでとう! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ