最近のトラックバック

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

あなたでなければ・・・

工場を大きくしたかった。
でも、何か違う気がした。

大きくするよりは、うちにしかできないとを
するべきなんじゃないか。

大きな工場で、最新の機械を使って、安いコストでモノを作っている
所はいくらでもある。
大きい所と勝負しても限界がある。

そこに勝つには、コストや納期ではなく、
うちにしかできなことをやるってことじゃないか。

値段が高くても、
これはおたくにしかできない、だから頼みたい
といわれるものを作れるようにならなくてはいけない。

そのためには、何が必要なのかな・・・・・

(NHK 梅ちゃん先生 より)

自分にしかできないことって何だろう・・・?

チョットした気配りや、いつも笑顔でいれることや、
少しだけ丁寧な仕事や、少しだけ他の人ができないことができる。
そんなことも含まれるのだろう。

原点に返って、自分にしかできないことを考えてみよう。


P8118103


2012年8月30日 (木)

まだまだ節電の夏

北海道は残暑が続いている。
昨日29日も各地で30℃を超え真夏日となった。

今日の札幌の最高気温の予想は32℃。
北海道電力は今日の予想最大電力需要を463万キロワットと、
今夏最大を見込んでいる。
最大供給力は517万キロワット。余裕が10%、厳しい状況だ。

北海道庁内の照明のスイッチには、こんなシールが貼ってある。

   
   
P8298514
   
   

このスイッチを入れると、1時間で電気代がどれだけかかり、
CO2がどれだけ排出するかが一目で分かる。

「見える」というのは良いことだ。
考えなくても良い。一々計算しなくても良い。
「見える化」だ。

電気料金などが分かると、スイッチを入れる時に意識する。
あ、電気代が増えるな、と。
今まで気にしていなかったことが気になる。
それが節電につながる。

「見える」と気になる。

電気代だけではなく、この工夫はいろいろな所で役に立つ。

ただ、シールは貼ってあるが、そのシールにすら気がつかない人もいるのだが・・・・


2012年8月29日 (水)

「教える」ことより「体験」すること

昨日の新聞では「新卒ニート3万人」などの見出しで
大学を卒業しても進学も就職の準備もしていない人が多いと
報じられていた。

就職支援のお手伝いをさせていただくことが多い。
自治体などが実施している就職支援プログラムだ。

そのプログラムでは、応募書類の書き方やマナーなどを
教える内容が多い。

でも、「教える」ことより彼らの持っている力を「引き出す」
ことのほうが必要なのではないかと感じている。

彼らは、小学校から大学まで沢山のことを学んできている。
だが最近は学んだことを使う場面が少ないのではないだろうか?

家庭では親の手伝いをすることは少なくなった。
ましてや隣近所のことを手伝うことなどないだろう。

学校では、部活やサークルに入って活動する生徒も減ってきている。
学級委員や生徒会活動に積極的に参加する人も少ない。

このように、生活の場で、知っていることを使ってみる機会が少ないため
会社などの組織に入ってどう行動したら良いかが分からない子が多いのでは
ないだろうか。

「教える」ことより体験して知っていることを使ってみる、
今まで使ったことのない力を「引き出してやる」ことが
大事なのではないだろうか。

教えることより「体験する」機会を沢山作ってやりたい。

P7217680


2012年8月28日 (火)

明日・あさって・・・

かつて一日の始まりは、日の出ではなかった。深夜の12時でもなかった。

一日は前日の夕暮れから始まった。
一日は、夜から昼への順序になっていた。
ユウベが一日の始まりであった。

ユウベに対する誤はアシタであった。
奈良時代にはアシタは朝のことで、暗い時間を越えた時をいった。

ユウベが一日の始まりで、ヨイ・ヨナカ・アカトキと続いてアシタで終った。
夜が終わって明るくなるときがアシタであった。

今日の次は明日である。
アシタが明日の意味に変わってから、明後日のことをアサッテというようになった。

アサッテは「明日去りてのち」の意味で、平安時代にはアサテといった。

(堀井令以知 ことばの由来 より)

他のことばを調べていたら、ふと目に留まった。

言葉はおもしろい・・・・

P7097577


2012年8月27日 (月)

大丈夫か、北海道の財政は?

北海道新幹線、函館ー札幌間の延伸が決まり、
8月25日に起工式が行われた。

開通は2035年度を予定。
総延長211㌔、総事業費1兆6700億円。北海道の負担は約4千億円。

北海道の負担は毎年いくらくらいになるのか?
北海道新聞社が試算した。

最初の10年間は、毎年20億円〜60億円。
2022年度から急増し、2024年度には200億円を突破。
2028年度から2031年度にかけて最大となり、425億円に達するという。

今年度の北海道の公共事業費は約3300億円。
その13%が新幹線札幌延伸事業に充てられることになる。

北海道は札幌延伸事業の9割を道債発行によって賄う予定らしい。

益々借金が増える北海道。子供世代へのツケが益々増えて行く。

北海道の財政は大丈夫か・・・・?


P8258499


2012年8月26日 (日)

大事なものは何?

今日のJAグループ北海道の全面広告。

農業を見失ったら
この国はもう日本ではありません。

藤原正彦さん(お茶の水女子大学名誉教授)が語っています。

一人の金持ちと9人の貧乏人
そういう格差を善しとする新自由主義
日本人にはその考え方は合わない・・・

日本人だけが特異な民族

世界中の支配者は金をかき集めるもの。
江戸時代、日本の支配者の武士が、権威はあっても貧乏だった。

金儲けが全ての新自由主義や市場原理主義に、日本は合わない国。

江戸時代まで、人口のほとんどが百姓。

天才が出る所は美しい。
そして美というものは、ほとんどが自然。

日本の骨格は自然だし、その守り手である農業を絶やすとは
何を言っているのか!

人間とは経済で生きているわけではない。
経済よりはるかに重要なものがある。

価値があるのは、この国の美しい自然と情緒。

    
     
日本らしさとは何か?
北海道らしさとは何か?
人間にとって大事なことは何か?
考えてみよう・・・・

P8268508


2012年8月25日 (土)

料理は学びの宝庫

料理は

思いどおりにできて学び
食べてみて学び
失敗してより学ぶ
そしてそれがまた楽しい

料理作りは
子供も自分も
そして家庭の中も
変えてくれる

後悔が残るのは
なぜもっと早くから
料理作りをしてこなかったのか・・・

もっと早くやっていれば
もっと早く気づいていたら、
出会っていたら・・・

だったら
気がついた今を大切にすればいい

誰だって
何だって
気がついた今から変えられる

(魚戸おさむ ひよっこ料理人より)

人間にとって「作る、創造する」ことは楽しいこと。

何からでも「気づき」があり、
気がついたら今から変えられる・・・・

P7297882


2012年8月24日 (金)

伝えるのは難しい・・・

自分が伝えたいことを上手く伝えるのは難しい。
相手が一人であれ、複数であれ同じだ。

サービス精神が旺盛な人ほど、あれも言わなければ、
これも言わないと分からないのでは・・・・と、
伝える内容が長くなってしまう傾向にある。

相手が知りたいことではなく、自分が伝えたいことばかり
増えていく。

伝える目的は何か?
本当に相手が知りたいことは何か?
それを理解してから伝えなければならない。

新入社員やこれから就職する学生には、
まずは「結論から伝える」と教える。

自分は結論から伝えているだろうか?
長々と理由や経過から始めていないだろうか?
ちょっと振り返ってみよう。

さてさて、この文章は読む人に分かりやすく書けただろうか・・・・?

P8118087


2012年8月23日 (木)

ブルガリアヨーグルト

我が家では毎朝ヨーグルトを食べています。
プレーンのブルガリアヨーグルトを。

そのヨーグルトの容器に書かれていた「まめ知識」

1970年に、大阪万博に出展されたブルガリア館にて、本場の
プレーンヨーグルトが紹介される。
1971年に、日本最初のプレーンヨーグルト「明治プレーンヨーグルト」が
誕生。
1972年に、ブルガリア国から「ブルガリア」を商品名に使用する
許可が下りた。
1973年に、日本で唯一の本場から認められたヨーグルトを発売した。

   
    
FAOとWHOによって1977年に定められたヨーグルトの厳密な定義によると、
「ヨーグルトとは乳及び乳酸菌を原料とし、ブルガリア菌とサーモフィルス菌が
大量に存在し、その発酵作用で作られた物」と定められているという。

日本では歴史的には「酪」(らく)と呼ばれ、仏教伝来とともに寺院の中などで
伝えられていたが、寺院の外の庶民には広まらなかった。

19世紀末、ロシアの医学者イリヤ・メチニコフがブルガリアを旅行した際、
特定の地域に高齢者が多いことに注目。伝統食であるヨーグルトが長寿の秘訣と
紹介したことから、欧州を中心に世界中に広まった。

なお、日本の明治乳業は、メチニコフの誕生日の5月15日を「ヨーグルトの日」
として宣伝している。

日本国内でも1915年、広島市のチチヤス乳業が日本初のヨーグルトを発売。
しかし、一般に普及したのは戦後であり、1950年に明治乳業から発売された
「ハネーヨーグルト」(瓶入り)の発売によるものである。

ヨーグルトは「整腸作用」があると言われている。
毎朝食べているのもそれを実感しているからかもしれない・・・・

P8238497


2012年8月22日 (水)

ようやく8月の真夏日

8月21日、札幌の最高気温が8月で初めて30℃を越す真夏日になった。
札幌の最高気温は32.9℃

2000年からの札幌の8月の最高気温は

2011年 33.8℃ 30℃以上  8日
2010年 34.1℃      13日
2009年 30.9℃       3日
2008年 31.0℃       2日
2007年 34.2℃       8日
2006年 32.8℃      13日
2005年 31.6℃       5日
2004年 33.2℃       7日
2003年 29.1℃       0日
2002年 30.6℃       1日
2001年 29.1℃       0日
2000年 35.9℃       6日

ただ、今年は7が例年より多く真夏日が7日もあった。

さて、この1日で真夏日は終わりだろうか。
今日も予報では真夏日になりそうだが・・・

美味しいビールの季節もあっという間。
短い夏を楽しまなければ・・・・

夏だ! ビールだ! サッポロ&北海道だ!


P8118192


P8118195


2012年8月21日 (火)

目の前のお客様の期待は?

今、目の前のお客様がして欲しいことは何だろう?

自分の希望を聞いて欲しいのだろうか?
商品の説明をして欲しいのだろうか?

そして、ゆっくり丁寧に応対して欲しいのだろうか?
それとも、急いでいるので素早く対応して欲しいのだろうか?

お客様がして欲しいことは一人ひとり違っている。

そして、同じお客様での、その「時」によって違っている。
急いでいる時もあるし、腹の虫が悪い時もある。

今、目の前のお客様は何をして欲しいのか、どうして欲しいのかを
考えて応対しよう。

どんなに丁寧な応対をしても、その時のお客様の期待に添わないと
お客様は満足しないのだから・・・・


P8118147


2012年8月20日 (月)

人の振りから学ぶ

「もっと・・・ができるようになりたい」と思うことは沢山あるだろう。
例えば「もっと実行力がある人になりたい」とか・・・

「実行力がある人」ってどんな人だろう?

身のまわりにいる人や有名人などで「実行力がある」人を、
思い浮かべてみると良い。

その人のどの部分を見て「実行力がある」と思うのだろうか?
その人の行動を見てみよう。

その部分が分かると、自分もやってみると良い。

学ぶとは真似ること。
行動すること。

人の振りから、沢山のことが学べる。

P8118099


2012年8月19日 (日)

「バイクの日」と「俳句の日」

8月19日は「バイクの日」でもあり「俳句の日」でもある。

「バイクの日」は、1989年、政府総務庁(現在、内閣府)交通安全対策本部が
交通事故撲滅を目的に、8月19日をバイクの日に制定したそうです。

そして「俳句の日」は、1992年に俳人で京都教育大学教授の坪内稔典さんらが
提唱して決まったとのことです。

アイケイコーポレーションという会社が「バイクで俳句・川柳グランプリ」というのを
行っています。

2011年の受賞作は
  
「還暦に 夢を叶えた バイク旅」
   
   
P8148311

   
最近は定年後にバイクで旅をする「オジサン」が増えているようですね。

北海道はツーリングには最高の場所。

事故にはくれぐれも気をつけて、旅を楽しんでいただきたいと思います。
  
そして、旅の後には「俳句」で思い出を残すことができたら最高ですね。

P8148308


2012年8月18日 (土)

縁結びのカツラ

NIKKEIプラス1 何でもランキング「訪ねたい神秘的な巨樹」の第2位に
北海道乙部町の「縁結びのカツラ」が選ばれていました。

乙部町は函館から車で約1時間半ほど行った日本海側にある
人口4,300人ほどの町です。

この「縁結びのカツラ」は、縁結びの神が宿ると信じられ、
全国から良縁を得ようと多くの人が訪れるようです。

樹齢推定500年、樹高27m、幹周6.6m
上部に枝と枝が合体した「連理の枝」があるそうです。

明治のころ、力自慢の漁師荒木万太郎がこの木を切り倒そうと斧を振り上げたが、
急に力が入らなくなり、切れなかったという説話が伝わっているとか。

北海道に住んでいても、乙部町の「縁結ぶのカツラ」のことは
知りませんでした。

まだまだ知らないことが沢山ありますね。当然ですが・・・・
世界は広い! そして深い!


P8188472


2012年8月17日 (金)

おもしろい仕事?

最近就職支援セミナーなどの依頼が増えている。

大学生、そして大学や高校を卒業しても就職できない人。
一度就職したが退職し、その後仕事が見つからない人。
様々な事情の人が対象だ。

やりたい仕事(業種や職種)を決めなければならないが、難しい。

今は情報が沢山ありすぎ、仕事について分かった気になってしまうのかもしれなが、
仕事はやってみないと分からないことの方が多い。

会社も外から見ている会社と、実際に就職して中に入ってみる会社とは違う。
だから、リアリティショックが起こる。
こんなはずではなかった・・・・と。

最初からおもしろい仕事などないのかもしれない。
一生懸命働いたから、その仕事が面白くなったのかもしれない。

「仕事とは穴を埋めること」とは、養老孟司さんの言葉。
世の中には穴(困っていること、不便なこと)は沢山ある。

まずは目の前の小さな穴を埋める。
すると誰かの役に立つ。

そこから始めて見よう。

目の前の穴を一生懸命に埋めていると、
きっと自分の道が見つかる。
選ぶ道は沢山ある。


P8148304


2012年8月16日 (木)

トウモロコシ?

今日の日経新聞「春秋」にトウモロコシのことが書かれていたので
調べてみた。

トウモロコシは、ポルトガル人によって16世紀に日本に伝えられたという。

紀元前5000年ごろまでには大規模に栽培されるようになり、南北アメリカ大陸の
主要農産物となっていたらしい。
1492年、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した際、現地のカリブ人が
栽培していたトウモロコシを持って帰ったことでヨーロッパに伝わったという。
その後、急速に世界に伝播していったようだ。

トウモロコシの名前の由来は、中国から渡来した「モロコシ」という植物に似ていた
ことから。「唐のモロコシ」という意味で「トウモロコシ」となったという。

「モロコシ」は漢字で「唐黍」と書き、「唐唐黍」で、「中国中国」と意味が
重複してしまう。

中国が原産国でもないのに、不思議な名前だ。
「唐」は舶来を意味していたらしいが・・・・

今、最大の生産国であるアメリカの記録的な干ばつで、トウモロコシの国際相場は
高値を付けているという。

北海道では観光客にも人気の「トウモロコシ」だが・・・・

     
    
ブログのデザインんも一新しました!

P9173065


2012年8月15日 (水)

青い池

北海道上川郡美瑛町白金にある「青い池」に行ってきました。

P8148372


青い池は美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置しており、
十勝岳の麓に湧く白金温泉から約2.5キロ北西の地点にあります。

昭和63年12月に十勝岳が噴火後、北海道開発局は火山災害から美瑛町を守るため、
火山泥流を貯める施設として、早期に工事の完成が可能なコンクリートブロックによる
えん堤が平成元年6月に着手され、同年の12月に完成。

P8148365


その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」と
よばれるようになりました。

青く見えるのは、白金温泉地区で湧出している「白髭の滝」などから、
アルミニウムを含んだ水が流れてきて、この水が、美瑛川の水と混ざると
目に見えないコロイドが生成されます。

太陽からの光が水中のコロイド粒子と衝突し、色々な方向に散乱され、
コロイド粒子が、光の散乱を促し、波長の短い青い光が散乱されやすいため、
その光が私たちの目に届き、青く見えると言われております。

P8148350


但し、水が青く見える原因について、過去に水質調査がされておりますが、
明確な原因については解明されておりません。

十勝岳噴火後、自生した白樺のように、予期せず生み出された自然現象から
生まれた神秘な場所です。

今では、青い池の中でカラマツなどの木が立ち枯れていている景色が幻想的に
見えることから、人気になったスポットです。

P8148343


雨が降った跡はあまり青く見えないよ、と聞いていましたが、
予想どおり前日降り続いた雨の影響で濁っており、緑がかった色に。

でも、お天気も良く、とても爽やかな気分になれた場所でした。


P8148376


2012年8月14日 (火)

どうして学ばない?

旭川ラーメン村に行った。
行列ができている店と、誰も待っていない店があった。

長い時間待ちたくなかったので、誰も待っていない店に入った。
注文をして、ラーメンができ、食べてみて理由が分かった。

誰も待っていないのには理由があった。
とても塩辛く、スープが飲めないのだ。

行列ができる店とできない店には理由がある。

行列ができない店の店主は、なぜ行列ができる店から
学ばないのだろう・・・?

混んでくると、行列のできる店は待ち時間が長くなり、
待ちたくない客は並んでない店に入る。

行列ができない店も、行列ができる店のおこぼれによって
そこそこ客が入るから?
そして、観光客が多いラーメン村だと、一見の客が多い、
味を知らない客が多いから?

そこに学ばない理由があるのだろうか?

それとも、この味が一番、と自分の店の味にこだわりを
持っているからだろうか?

北海道ラーメンの味を守るためにも、全体のレベルアップを
望みたい。

どこの店に行っても、やっぱりラーメン村のラーメンは美味しい・・・
と言ってもらえるように。


20120813_115244


2012年8月13日 (月)

迎え盆

今日は迎え盆。
ご先祖さまが帰ってきます。

お盆は先祖供養の儀式で、先祖の霊があの世から現世に戻ってきて、
再びあの世に帰っていくという日本古来の信仰と仏教が結びついてできた行事です。

多くの地方で8月13日の「迎え盆」から16日の「送り盆」までの4日間を
お盆としていますが、地方によっては7月一杯をお盆とする地域や旧暦通り
7月15日を中心に行う地域などがあるようです。

「お盆」は「盂蘭盆会〔うらぼんえ〕」を略した言葉です。
盂蘭盆会とはサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したもので、
転じて「逆さまに釣り下げられるような苦しみにあっている人を救う法要」という意味
だそうです。

お盆は、先祖や亡くなった人たちの霊(精霊〔しょうりょう〕)が灯かりを頼りに帰って
くるといわれており、祖先の魂を迎えることを目的としています。

キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てた精霊馬(しょうりょううま)を飾る地域も
あります。

亡くなった方が、浄土との行き帰りに使う乗り物が精霊馬です。
なすとキュウリに割り箸をさして作ります。
トウモロコシの毛でしっぽを付けたり、お米で目を付けたりする家もあるようです。

ちなみに行き(浄土 -> 地上)は早く帰るために馬(キュウリ製)に乗り、
帰り(地上 -> 浄土)はおみやげをたくさんゆっくり持って帰るために、
牛(ナス製)に乗るといわれています。

お盆の期間だけではなく、いつもご先祖さまには感謝したいものですね。
見えないけれど、みんな繋がっています。
すべての人に、感謝!

P5136610


2012年8月12日 (日)

百合が原公園

今日は朝から百合が原公園に・・・

P8128216


札幌市北区にある百合が原公園は、約25.3ヘクタールという広大な敷地を持ち、
世界中から集められたユリが咲く「世界の百合広場」を中心に、姉妹都市庭園や
ロックガーデン、リリートレイン(花園を走る1周約12分の旅)、温室、花壇広場
などの施設がある花の総合公園です。

P8128248


P8128250


百合が原公園には、世界のユリの原種や園芸品種、約150種類約6万球が植えられ
ています。
ユリの花の見ごろは6月上旬~9月上旬ですが、温室では冬期間でも花を見ることができ、
年中色とりどりの花が楽しめます。

P8128270


P8128277


バラの花も一度咲き終わり、花の数も少ない時でしたが、気持ちのよい
散策でした。

P8128213


P8128302


2012年8月11日 (土)

ガンバレの日

今日8月11日は、「ガンバレ」の日。

1936年の今日は、ベルリンオリンピックの
女子200m平泳ぎで前畑秀子さんが優勝した日です。

日本放送協会の河西三省アナウンサーによる「前畑がんばれ」と
連呼した実況中継が日本中を沸かせた。

「前畑ガンバレ」と連呼したのが話題になったことから
本日8月11日はガンバレの日に制定された。

ロンドンオリンピックも明日が閉会式。
残りの試合もわずか。

自分の力を充分出し切り、
ガンバレ、日本!


P4275595


2012年8月10日 (金)

原爆と精神疾患

今月は戦後67年目の原爆の日を迎えた。
6日の広島と9日の長崎である。

長崎原爆で、健康被害がでるほどの放射線被爆はないと
国がしている地域で原爆を目撃した多くの人は、半世紀を
経ても精神疾患の危険性が高いとの調査結果を、国立精神・
神経医療研究センターのチームがまとめた。

目に見えない放射線性物質への不安による「心理的被爆」と
位置づけ、その状態が長期間続くことを示した。

原爆だけではなく、今回の福島第一原発事故でも、たとえ
被爆がないとしてもこのような心理的被爆を受けている人は
多いのではないだろうか。

放射性物質の被害は、事故が起きた時点だけではなく、これから
未来に渡って出てくる可能性が高いことが心配である。

目の前のことだけではなく、先の先を見据えて判断しなければならない
ことは多い。

目には見えない放射性物質の影響が、今は見えない被害の大きさが、
これから何年後、何十年後に出てくるのかと考えると恐ろしい。

P8077993


2012年8月 9日 (木)

どっちが悪い?

札幌市営地下鉄車両内でトラブルが起きている。

専用席付近は、携帯電話の電源を切る決まりになっている。
ところがその場所で携帯電話を使用している方がいて、
電源を切るようにと注意されるなど口論となっているらしい。

先日は携帯電話を使用していた方に女性が注意したが、
携帯の使用を止めてもらえず、傘でたたいたり、声を荒げたりする
騒ぎとなり、電車は22分間停車してしまった。
その女性は車両から降ろされたようだ。

このニュースで気になったのが、携帯を使っていて止めなかった人は
どうなったのだろう?ということだ。

悪いのは誰だ?

騒動の始まりは、禁止区域で携帯電話を使っていたこと。
そして、それを注意した方のやり方が過剰になってしまったこと。

でも、その原因を作ったのは、携帯禁止区域を決めた交通局?
という意見もあるのかもしれない。

あまりにも便利になった今の時代、どこでも自分の自由にできることが
あたりまえになってしまってはいないだろうか?

なんのために「電源OFF」の区域があるのか?
どうして「電源OFF」区域を設定しなければならないのか?

規制する側も、使用する側も今一度考えてみる必要があるではないだろうか。

意識を自分中心から相手中心に変えてみて。

世の中お互いさまなのだから・・・・

P7127621


2012年8月 8日 (水)

子供はいつの間にか一人前に・・・・

親から見れば、子供はいつまでも子供だが、

子供はいつの間にか一人前になっている。

心配ない・・・・

NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の一コマだ。

親が子供に、こうなって欲しいああなって欲しいと思っても、
子供は親の思った通りにはならない。

子供には子供の人生があり、その生き方は自分で決めなければならない。
親の思った通りになんかならない。
それは自分の人生を考えれば、よく分かることだと思うのだが。

親の役割は、「子供を守る」ことから、次第に「子供を自立させる」
ことに変化していく。

ところが最近は、「子供を守る」ことから役割を変えられない親が
多いように感じる。
いつまでも子供を守ろうとしている。
一生涯子供を守り通すことはできないはずなのだが・・・

もっと子供の自立を促そう。
自分で自分の人生を決められる子供に育てたい。


P8077984


2012年8月 7日 (火)

言葉は軽くなった?

アイヌ語の「ヤイコシラムスイェ」は「考える」をさす言葉。
だが、アイヌ語の「考える」は、頭だけで考えるのではない。

「心を揺らす」ほどに感動することであり、魂を振動させる
という言葉だった。
(アイヌ研究者本田優子さん)

聖書の翻訳について、山浦玄嗣さん

新約聖書ヨハネによる福音書第一節の冒頭。

初めに言葉があった
言葉は神とともにあった

山浦さんの訳によると

初めにあったのは
神様の思いだった
思いは神様の胸にあった

「初めに言葉ありき」の「言」は、たんなる「言葉」なのではない、
それは「神さまの思い」なのだ、という解釈だ。

いま、われわれの言葉は、あまりにも軽くなっていないか・・・・

(日経新聞 危機と日本人 山折哲雄 より)


言葉の本来の意味、思いを考えてみるべきだ。
きっと深い意味がある・・・・

Pc280012


Pc280011


2012年8月 6日 (月)

あなたがいなくなったら・・・・

会社であなたがいなくなったら、誰が困るだろう?

あなたの会社が(お店が)なくなったら、誰が困るだろう?

会社で、自分がいなければ部下は何もできない、
と思っている上司ほど、いなくなっても誰も困らないことが多い。
それが組織。

会社(お店)も、なくなってもお客様は困らない、
そんな会社(お店)も多い。

自分がいなくなっては困る、そんな価値を提供しよう。
それが本当のお役立ち。

お客差に取ってなくてはならない存在になろう。
それが本当の顧客満足。

相手は、お客様は何を望んでいるのだろう?
自分はどんなご利益を提供できているのだろう?

自分の、会社の(お店の)「売り」を再定義してみよう。


P7057496


2012年8月 5日 (日)

「笑い」の効用

「笑う門には福来たる」という。

「笑う」ことは、ストレス解消など体に良いことがやってくるようだ。
「笑いは副作用のない薬」ともいわれている。

笑うと横隔膜を使うので運動になり、血流も良くなるという。
面白い、面白くないにかかわらず、体操として笑うことで
リラックスできるそうだ。

人間は過度なストレスがかかると、副腎皮質からストレスホルモンとも
いわれる「コルチゾール」が血液中に増え、糖尿病や高血圧などの一因になる。
ところが「笑う」とこのホルモンが減ることが研究で明らかになっている。

また、「笑い」によって、免疫細胞が活性化して免疫力が高まるほか、
血圧や血糖値を押さえる効果があるとも・・・

そして。「笑い」はうつの改善や自殺を考える人を救う効果も期待できるとか。

きょうは思いっきり「わっはっは」と笑ってみてはいかがだろうか。

今日は「世界ビール・デー」でもある。
暑い夏をビールを飲んで「わっはっは」・・・・乗り切ろう!


Pb073896


2012年8月 4日 (土)

日本の柔道、時代遅れ?

ロンドンオリンピックの男子柔道で、日本は初めて
金メダルがゼロとなった。

今朝の新聞には「日本の常識 時代遅れに」という
見出しが載っていた。
本当だろうか?

確かに、柔道でメダルといえば「金」しかない、という
日本の常識は覆された。

時代とともにオリンピックの柔道の試合も変化している。

世界各国に柔道が広がっていくとともに、体力や力の差が
明らかになったり、脚取りや抱きつきが禁止されるなど
ルールも変化してきている。

講道館柔道においては「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、
競技における単なる勝利至上主義ではなく、身体と精神の鍛錬と
教育を目的としている、という日本柔道の念いからすると、
今のオリンピックで勝つことだけが大事なことなのだろうか?

力で勝つことだけが良いとされているような今のオリンピック柔道に、
もっと「柔道」という「道」としての本来の姿を示し、本来の
日本柔道の良さを拡げて欲しいものだ。

ただ、気になったのは篠原監督が「メンタルの強化ができなかった。アメも
ムチも利かなかった」と言っていることだ。

監督は本当に選手の力を引き出す努力をしていたのだろうか?
指示命令型のマネジメントではなく、彼らの力を充分に引き出す
マネジメントが求められる。

組織が権力主義になりすぎていないのだろうか・・・・?
そうだとしたら、選手は充分な力を発揮できない。
力だけでは上手くいかない。


P7067534


2012年8月 3日 (金)

基礎力の重要さ

ロンドンオリンピック体操で、内村選手が金メダルを獲得した。

幼い頃から両親の営む『スポーツクラブ内村』でタンブリング・トランポリンに親しみ、
既に小学校高学年の時には(トランポリン上で)ひねり技を身につけるなど、高度な
空中感覚に加え安定した着地感覚を身につけたという。

しかし、高校時代には体力などの基礎力がついていなかったため、成果を
出すことが出来なかったらしい。

やはり、何ごとも基礎力が大切だ。

最近学卒者などの就職支援のお手伝いをさせていただいているが、
そこで感じるのが、基礎力の弱さだ。

読み書きソロバン(計算)などの基礎力と、マナーや機敏な行動、
コミュニケーション力などの基礎力の不足だ。

そのため、支援するのは教えるというよりは、やってみる場を
提供することになる。
できるようになるまでくり返すことが大切だ。

今まで経験する場が少なかったためにできない人が多い。
沢山やってみることで、できるようになる人も多い。

学校教育では、教えるだけではなく、経験させる場を増やすことが
もっと必要だと感じる。

勉強の「やり方」に工夫が必要だ。


P7087549


2012年8月 2日 (木)

三りんぼう

カレンダーを見ると、昨日8月1日は「三りんぼう」とある。
聞いたことはあるが、はて何の日だったのかと・・・・

現在では三隣亡と書くようだ。

明治以降の「おばけ暦」から使われ始めたといわれ、暦注の多くは迷信として
使われていないが、三りんぼうは現在でも使われることがある。

この日に建築、特に普請はじめや棟上げなどを行うと火災を起こし、
近隣三軒をも滅ぼす凶日との迷信がある。
現在でも建築業界ではこの日は着工や上棟式は避けているさしい。

三りんぼうは規則的に定められており、旧暦1・4・7・10月は亥(い)の日、
旧暦2・5・8・11月は寅(とら)の日、旧暦3・6・9・12月は午(うま)の日
とされている。ただし、旧暦の変わり目は各月の節入り日からとされる。

江戸時代の本には「三輪宝」と書かれ、「屋立てよし」「蔵立てよし」と注記されていた。
すなわち、現在とは正反対の吉日だったことになる。
これがある年に暦の編者が「よ」を「あ」と書き間違え、それがそのまま
「屋立てあし」「蔵立てあし」と伝わってしまったのではないかとされているが、
真偽は不明だとのこと。

今月は30日も「三りんぼう」だそうだ。

P7127598


2012年8月 1日 (水)

評価基準

ロンドンオリンピックで柔道では旗判定が覆り、今度は体操で
日本が4位から2位(銀メダル)に変わった。

一体判定を決める評価基準はどうなっているのだろうか?

柔道といえば一般的に日本伝講道館柔道(いわゆる講道館柔道)を指す。
講道館柔道においては「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、
競技における単なる勝利至上主義ではなく、身体と精神の鍛錬と教育を目的としている。

そういう意味では、強さだけではなく、精神を表現する身だしなみなどのマナーも
評価の対象になっても良い。

評価するのは難しい。

企業でも売上など数字で表せるものだけで評価すると
間違った成果主義になってしまう。

評価する目的は何か?
それによって評価基準を変えなければならない。

今のオリンピックの評価の目的は何なのだろう?

そしてもう一つが、評価する人のレベルだ。

評価する人の質が悪ければ、評価される側もたまらない。

なにをもって評価するか?
誰が評価するか?

人が人を評価すること自体が難しいことなのだけれど・・・・

P7297884


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ