最近のトラックバック

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年2月26日 (金)

日本のこころ

境野勝悟さんの著書「日本のこころの教育」と言う本がある。境野さんが高校で全校生徒と父兄の前でおこなった講演を書いたものです。その本の内容は・・・・・

日本という国名は、「日の本」の「の」が抜けて日本になった。「日の本」とは「わたしたちの命は太陽が元だよ」ということ。

私たちの命の元が太陽だと知って、太陽さんの恵みに感謝をして、太陽さんのように丸く、明るく、元気に、豊に生きる。これが日本人。

日本の国旗「日の丸」は、ペリーが黒船で来た時、フラッグシップ(国旗)のない船はどこの国の船か分からないから沈めてしまうと言われ、薩摩藩主島津斉彬が太陽のマークである「日の丸」を提案し、当時の海防参与であった徳川斉昭が、日本の総旗印は日の丸にすると決定したこと。

「今日は」という挨拶は、「今日は、お元気ですか」と続いていた挨拶で、今日とは太陽のこと。地方によっては太陽を今日様という。つまり「今日は 元気ですか」という挨拶は、あなたは太陽のエネルギーが原因で生きているのだと言う事を知って、太陽さんと一緒に明るく生きていますか、という確認の挨拶」

お母さんは太陽の体、お父さんも、太陽さんのように尊い人

などなど・・・・

知っているようで知らない事ばかり。

へ~、こんな意味だったんだ!                          意味を知ると納得させられる事ばかりでした。

この講演を聴いた高校生全員から、感想文がダンボールで届いたそうです。今こんなことを教えてくれる先生はいなくなりましたね。

それにしても、日本は太陽の恵を沢山受けている国。もっと自信を持って、明るく、元気に、心豊かに生きていきたいものですね・・・・

Img_0007

2010年2月12日 (金)

札幌雪祭り 来場者過去最多

11日で札幌雪祭りが閉幕した。P2110106

来場者は過去最多の243万3千人だそうです。

前半は日中の最高気温がー7度前後と厳しい寒さに見舞われたものの、天気は安定していたのが良かったらしい。

また中国など海外からの見物客も増えているようです。

P2110098冬の厄介者の雪を活用した北海道のイベント、北海道経済活性化P2110115のきっかけにつながえれば嬉しいものです。

今日からはこの大雪像も解体されます。

これから雪解けと共に、景気もホットになってくれることを願う ばかりです

P2110104_2

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ