最近のトラックバック

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

若者の感性

大学生の方にお話しする機会があり、「考え・信じ・

夢見て・挑戦」というテーマで、ブレイクスルー思考

のお話をさせていただきました。

彼らからの感想には、「1つの物でも目的はいくつも

考えられる、例えば携帯電話では、通話だけできれば

よい人にとっては、見かけや機能は気にしないが、

最新機能を求める人にとっては、テレビが見れないも20070703162030

のや音楽を聴けないものでは満足できない」あるいは

「目的が見えない作業ほど苦痛なことはない」など

目的を考えることの重要性に気がついたり「やり抜く

ことが大事だ。やってみたら、またいろいろな道が広

がるので、考え方が拡がり、考え抜き・拡げぬくこと

ができる。そしてそのことをまとめることでまとめ抜き、最後に全部やりきって、やり抜くという4つの抜くが完成する」など4つの抜くのことを書いてくれた方もいました。

たった1時間程度の話でしたが、それぞれが違った

キーワードを見つけ、沢山のことに気がついていただき、若い方の感性の鋭さにビックリでした。

また、「変われない、変わりたくないと毎日うじうじ

するよりは、目の前にあることを一つひとつ大切に考えて生活していきたい」と変化恐怖症を感じ取ったり、固定観念が強かったことに気がつた方もいたようです。

ブレイクスル-思考のキーワード、みなさんもチョット

気にしてみませんか?

若い方に負けないように。

2008年7月24日 (木)

狸祭りだ!

  札幌の中心部を東西に約1Km横切るアー

ケード商店街「狸小路」

ただいま狸祭りを開催中!

狸小路には、あちらこちらに沢山の狸が

おりますぞ~!

今は天井に大きな狸が・・・20080720202408_2

狸小路が出来てから135年になるとか・・・20080720202943

札幌の歴史を物語っていますね。

狸小路という名前がついた由来は諸説あり

ますが、

 ・実際に狸が出没した

 ・夜な夜な街頭に立つ客引きや私娼が客を

  巧妙にだまして引き込む手口から狸にた

  とえて・・

という2説が有力とか。20080720203018

  

狸小路5丁目には「本陣狸大明神社」が

あります。

おみくじを引くと、「狸地蔵八徳」が書か

れておりました。

1.頭に手を触れば知恵を授かり学業上達す

2.目鼻をさすると他を抜き合格、当選、

  就職きまる

3.肩から胸をさすれば、恋愛成立、良縁

   さずかる

4.太鼓腹をなでると、安産、育児疑いなし

5.通帳にさわれば、信用を高め名声を得る

6.杖をこすれば交通安全、災難を除き、

   幸運を導く

7.前へ金をたたけば、商売繁盛、金運を導く20080720202637_2

8.  尻尾を押さえると回春旺盛を増す     

                

                 南夢本凡狸益  敬白

          

狸小路へ行ってご利益を頂いてきませんか?

2008年7月23日 (水)

好きになること

大事なのは

仕事なんかじゃない。20080601133848_3

自分の場所で

好きになること。

好きになれば、

好きでいるためのものは、

黙っていても

すべて

後からついてくる。

(ビッグウイングより)

2008年7月20日 (日)

ザ・キッパーズ

札幌すすきのに「ザ・キッパーズ」というお店が20080715173727

あるのをご存知でしょうか?

1963年に札幌で結成され、以来道内を拠点に活躍 

しているバンド「ザ・キッパーズ」の活動拠点です。

ザ・キッパーズは’50'60年代のアメリカン・ポップ

スを中心に活動し、ススキノでは勇名を馳せたオール

ディズバンドです。

私の友人がご贔屓にしているお店で、ときどき連れて

行ってもらいます。20080714213441_2

1回30分ほどのステージがあり、懐かしい曲を堪能

できます。

ザ・ベンチャーズ、オールディズ・・・などなど。

今年は結成45年とのこと、メンバーはおいくつに?

すごい!すご~い!

“おじさん”たちが毎日懐かしい、すばらしい演奏を

聴かせてくれますよ。

まだ行ったことのない方は、是非一度ご来店を・・・20080714213540

札幌市中央区南5西3 ニューすすきのビル2F
Tel.011-512-7887
 営業時間19:00~  (日曜定休)

2008年7月17日 (木)

奥入瀬渓流

  初めて青森県十和田市奥入瀬に行ってきました。20080712133430_2

目的は日本経営士会の全国研究会へ参加。

その合間にホテルの前の渓流を散策しました。

お天気も良く爽やかな気持ちの良い日でした。

歩いていると奇妙なモニュメントが・・・

20080712133342_4 

岡本太郎の作品でした20080713084942_2

ホテルの中にも大きな作品がありました。

青森は岡本太郎の「第二の聖地」とか・・・

帰りの途中には青森市内の棟方志功記念館へ。

そこには、岡本かの子の「女人ぼさつ・・・

女人われこそ観世音ぼさつ」

を版画にした作品が・・・ご縁ですねえ。

久しぶりに大自然と芸術に出会った2日間でした・・ 20080712133844_2

2008年7月14日 (月)

何も望んでいない

20080505061658 子供は

何も望んでいない。

抱きしめてくれる

親のほかには

何も望んでいない。

望んでいるのは

親であり

大人であり

子供の眼に映った

いまの世の中。

(ビッグウイングより)

2008年7月11日 (金)

サミット終了・・・

北海道洞爺湖サミットが9日終了した。

翌日から早速使用した建物や備品の撤去

作業が始った。

サミット会場近くの留寿都村に建てられた

国際メディアセンターも、機材の撤去が始

り、秋までには解体するそうだ。

留寿都村では、小中学生の見学を希望して

いたが、外務省がこれに応じず、実現しな

かった。

このメディアセンターには30億円以上も

かけてサミットのためだけに作られた。

この建設及び解体にともなうCO₂の排出

はどうなっているのだろう・・・?

    

今回のサミットは環境や食糧問題も大きな

テーマなはずだ。

イギリスの新聞が、豪華な食事を楽しみな

がら世界の食糧問題を議論する事に疑問を

抱く、と書いていたようだが、本当に多く

の庶民のことを考えているとは思われない。

目先の事、自分たちのことしか考えられな

いようなサミットで本当に良いのだろうか?

開催地の北海道は、あまりにも厳重な警備の

おかげで、交通渋滞を引き起こすという

場面でしか、サミットを感じることはできな

かったが・・・

20070428121802_2 

2008年7月 7日 (月)

考える事は難しい

セミナーで、営業担当の方を対象にブレイクスルー

思考を活用していただく研修を行ないました。

今までの営業方法や部下の指導方法を振り返り、

「あたりまえ」という考えを変え、根本を考え、

未来から考える思考を身につけていただこうという

のがねらいです。

「今の営業活動や販売の方法は」あたりまえか?

ターゲットはどうか?」「会話の仕方や時間の使い

はどうか?」などなどをもう一度考えていただきま

した。

考えを拡げる事は大変難しいことです。

なかなか意見やアイディアが出てきません。

IBMの創設者トーマス・ワトソンは

「もし、人々が喜んで考えるならば、この世の問題を

解決することは容易である。問題は、考えることを

放棄して、人々があらゆる種類の道具に頼ろうとする

ことなのだ。

考えることは、それほど難しいことなのだ。」と言っ

ています。

ついつい物真似をしてしまいますね。

「あたりまえは本当にあたりまえか?」今一度考えて

みてください。

目的や未来のあるべき姿を考えながら。

新しい発見があるかもしれませんよ。

2008年7月 5日 (土)

母の笑顔

人間が

泣いて産まれてくるのは20080702072157

悲しいからではない。

愛する人の笑顔が

まだ見えないからだ。

目が開いて

最初に見たものを見つめ、

必ず笑う。

                      

瞳に映っている

母の笑顔 ―

(ビッグウイングより)

2008年7月 3日 (木)

高瀬舟

森鴎外の小さな本を我が家の片隅で見つけた。20080702082034

鴎外小説全集第八巻。昭和32年の発行である。

自分が買ったものかさえ忘れている。

その全集の中に「高瀬舟」が入っていた。

高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小船で、

罪人が遠島を申し渡された際に、護送した時の船である。

小説「高瀬舟」は、自殺で死にきれなかった

弟を殺した罪で遠島になったが、

島に行くことを苦にしていない様子の罪人

“喜助”と護送を担当した町奉行所の同心

“羽田庄兵衛”とのやり取りである。

喜助は遠島になったことで、食を得ることに困っ

ていたことがなくなるとともに、銅銭二百文をも

らう事ができ蓄えができたことに満足していたの

である。

その様子から、庄兵衛は、銭を持ってみるといく

らあればよいという限界は見出されない、人の

欲求には際限がないと、人の一生を考えてみるの

である。

また、死にきれなかった弟を殺した事が本当に20080702082119_2

殺人になるのかを疑問に思っていたのである。

最近、小林多喜二の「蟹工船」がブームになって

いる。

この「高瀬舟」からは“カネ”が中心になっている

最近人の欲や、安楽死を 考えさせられました。

“吾唯足るを知る”・・・難しいな~!

2008年7月 1日 (火)

3日坊主 百回やれば・・・

20080701091223 新しい事を始めようと計画を立ててや

ってみるが3日坊主で終わってしまう

事は多いものです。

でも、3日坊主も百回繰り返せば、

1年365日の内300日は計画通り

にいったことになります。

「継続は力なり」ですね。

  

松下幸之助さんは「成功とは成功する

まで続ける事だ」と仰っています。

この継続する力、やり続ける力が天才

いわれる人に備わっているのではな

いでしょうか。

ついつい途中で止めたくなってしまい

ますものね・・・

  

このブログも3日ならず3ヶ月もお休

みしてしまいました。

やり続ける事の難しさを感じています。

でも、また始めることにしました。

また止めたら、また始めます。

続けやすい方法を模索しながら・・・

気ままなブログですがお付き合いいた

だけます20080627185627_2 とうれしいです。

感謝!感謝!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ