最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

掃除の目的は?

「そ・わ・かの法則」という本があります。

「そ」は掃除のそ、「わ」は笑いのわ、「か」は

感謝のか のことです。

これが神様に好かれる3つのキーワードだそうです。

ところで毎日掃除をしているけれど、日にちが

たつと少しずつ汚ていく、どうしてでしょう。

掃除をするときに、掃いたり拭いたりして汚れを

落としますね。

この掃いたり拭いたりすることが掃除をすること

だと思っていませんか?

掃除の目的は、汚れを落とすこと。

掃いたり拭いたりすることは、汚れを落とすための

手段です。

私たちは、汚れが完全に落ちなくても、掃いたり拭

いたりしただけで掃除をした気持ちになってしまい

ます。それでは目的は達成されていません。

東京ディズニーランドでは、毎日閉園後に道路や外

壁を水洗いをしているそうです。

その目的はオープンの時の状態に戻すことだそうで

す。

どんなに一生懸命掃除をしても、完全には汚れは落

ちないかもしれません。

それでも、汚れを落とすという掃除の目的を理解し

てするのと、掃除とは掃いたり拭いたりする作業す

ることだ、と思ってするのとでは結果のレベルに

大きな違いがあります。

どんな作業にも目的があります。

毎日やっている作業やルーチンワークの目的を今一

度考えてみてください。

きっと仕事の質があがりますよ。

そして神様に好かれるかもしれませんね・・・

では、続きは次回に・・・ありがとうございます。

2008年1月28日 (月)

不幸をありがとう

不幸をありがとう。

命に

無駄なものなど一つもない。

救うことによって救われ、 20080101132520_2

生かすことによって生かされる。

もし苦しさも不安もなかったら

人生はきっと味気ない。

生きる力は弱く

笑うことさえ

忘れてしまうかも知れない。

   

     (ビッグウイングより)

2008年1月21日 (月)

儲かる~?売れる~?

ビジネス書に「儲かる~」とか「売れる~の裏技」

という本が良く出ています。

そのような本を読んでみると、

    ターゲットを明確にする、あるいは絞り込む

    大事なのはトークではなく、着眼点である

    売る側にとっては当然と決めつけてしまってい

   る中に、お客のニーズがある

    ライバルにない特徴、ユニークなセールスポイ

   ントを打ち出す

    隙間を狙っていく、特化していく

    この商品を買えばどれだけ楽になるか、楽しく

   なるか未来の姿を示す

    物ではなく、ユニークな企画を売る

    一人のアイディアより、仲間を巻き込みチーム

   で考える

などなどが書かれています。

なにかブレイクスルー思考を思い浮かべませんか?

場をしっかり設定し、ターゲットや商品のユニーク

差を発揮する。

「あたりまえ」と考えずに、考えを拡げて、着眼点

を変えてみる。

先の先のあるべき姿、つまり究極や理想を描き、

明るい未来を示してやる。

参画・巻き込みを使い、集合天才を作る。

いつもブレイクスルー思考で考えていることばかり

ですね。

感じたことは、いろいろな方向から考えるというこ

とです。今やっていることがあたりまえ、と考えな

いことですね。やり方は無限ですから。

営業や販売の方もいつもブレイクスルー思考で考え

る習慣をつけてみてください。

では、続きは次回に・・・・ありがとうございます。

2008年1月17日 (木)

誰かが見つめている・・・

届かない声などない。

人とつながっていない

仕事など一つもない。20080113183128

まして

自分が救われ

夢にまで見た仕事。

その汗と努力を

誰かが必ず

優しく

見つめている。

  

  (ビッグウイングより)

2008年1月14日 (月)

合格グッズが花盛り?

いよいよ今週の土・日、大学入試センター

試験が始まりますが、店頭では合格グッ

ズが花盛りとか・・・

最も「ゲンかつぎ」商品として有名な、

ネスレの「キットカット」をはじめ、

ロッテの「Toppa(トッパ)」、

永谷園の「縁起他抜(たぬ)きカレーリ

ゾット」そしてファミリーマートはガン

バレ受験生フェアを開催し「受かるび」

「勝ち栗」などのおむすびや「祈合格 

ごうかくれーぷ」などを発売。

変わったところでは、コアラのウンチ

配合の「ウン(運)チペーパーしおり」

をプレゼントしている動物園も登場。

商品の売上増加に伴い、買った人の合格率

もあがると良いのだが。

  

はたして結果はいかに・・・・

2008年1月 9日 (水)

打つ手は無限にある

牟田学さんというかたの著書に「打つ手は無限」と

いう本があります。

牟田さんはこの本のタイトルを、滝口長太郎さんの

詩からいただいたと言われています。

滝口さんの詩を紹介します。

  すばらしい名画よりも、

    とてもすてきな宝石よりも

  もっと大切なものを私は持っている。

  どんな時でも、どんな苦しい場合でも、   

    愚痴を言わない

  参ったと泣き言を言わない

  何か方法はないだろうか、

    何か方法はあるはずだ

  周囲を見回してみよう

  いろいろな角度から眺めてみよう

  

  人の知恵も借りてみよう

  必ず何とかなるものである

  なぜなら打つ手は常に無限であるからだ

いかがでしょうか。

ブレイクスルー思考の考え方そのものではないで

しょうか。

考え抜く・拡げ抜く・まとめ抜く・やり抜く。

決して手を抜かないで。    

打つ手は無限です。

では、続きは次回に・・・ありがとうございます。

2008年1月 6日 (日)

出初め式

今日は出初め式が各地で行なわれました。

出初め式の起源は、1657年の大火を

契機として、1659年1月4日に時の

老中稲葉伊予守正則が定火消4隊を率い

て、上野東照宮前で出初めを行い気勢を

上げたことが出初め式の始まりで、これ

大火で意気消沈していた江戸市民に

大きな希望と元気を与え、江戸市民が

復興に頑張りだしたとか・・・

今日の出初め式から元気をもらい、

私たちもこの1年頑張りましょう!

2008年1月 4日 (金)

やってやれないことなど何もない

やってみたい20071230140103

ことがある

やれないだろうが

いつかやってみたい

ことがある

そこに長く居れば

居るほど

どうしても

やってみたくなる

何でもないある日

偶然をよそおって

その機会は訪れる

やってみる

やってやれないことなど20080101105637

何もない

   (ビッグウイングより)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ