最近のトラックバック

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

一つの体験は 百の理屈に勝る?

早いもので2006年も後わずか。

歳末商戦での体験。

イージーオーダーで背広を注文した。某百貨店で。

できて来ると、なんとブカブカ。

手直しで何とかしようとしたが、ムリ。

作り直しになった。

採寸の間違いです。

この採寸という一つの作業を間違えたおかげで、顧客も

販売側も大きなコストを負担することになった。

販売側は、作り直しの生地と制作費を、そして顧客は、

手間と時間、そして着るタイミングを逃した機会損失と

不満というコストを。

チョットした一つの作業の質の良し悪しが与える影響の

大きさを実感した。

そして不満という顧客に与えたコストの大きさも。

このコストはなかなか利益には変わらない。

きっと販売側は、作り直せば満足に変わると思っている

のではないだろうか。

でも、物より見えないサービスのほうが大きな影響を与

えることを体験した。

それは人の対応。顧客への気配りと共感。

目の前の商品の後ろには人がいる。売るのは物でも、不

満や満足を感じるのは人。

商品より人を見よう!満足しているだろうか?

いつの間にか一人、そしてまた一人顧客が減っていかな

いように・・・

良いお年を!

2006年12月10日 (日)

安心?合理性?

若者自立支援フォーラムに参加しました。

キャリアカウンセラーという仕事の関りでの参

加でした。

若者の自立を支援しているNPOの方々や高校の

先生のお話などを聞かせていただきました。

話を聞きながらこんなことを考えていました。

人は安心感を抱いたときに、自分の力を発揮

る、と。

子供が親に抱かれている時に、落ちないとい

安心感があるからこそ、後ろを向いたりのけ反

ったりできる。落ちるのではという不安があっ

たら、動けなくなるのではないか。

組織では、上司が部下を徹底的に信頼し、サ

ートするときに部下が力を発揮するではないだ

ろうか。

ところが、多くの人は、組織や人間が合理的

動くはずだと考えている。単純な規則によって

理解可能であると。

だから、目標制度、成果主義などを導入し管理

を強化する。

そして、皆が合理的な行動に終始すると、組

はおかしくなる。

それは、人間も組織も合理性からはみ出した部分

のほうがはるかに多いからではないだろうか?

自分をふり返ってみると、とても合理的な人間と

は思えない。人間も組織も、もっと複雑だ。

若者も安心できないから自分の力を発揮できない

ではないか。

そう考えると、大人は若者を徹底的に信頼してや

ること,そして安心して仕事が出来る環境を作って

やることが必要なのかも知れない。

ただ、信頼されていない、という枠を作っている

のは、自分の心かもしれないのだが・・・

2006年12月 4日 (月)

冬は優しい人になる・・・

札幌も雪が積もってきました。札幌の冬は交通渋滞の

季節です。

道路は1車線が雪で塞がれ、片側2車線の道路は1車

線に、そして片側1車線の道路は1車線の片側通行に

なってしまいます。

住宅地の生活道路は、ほとんどが1車線か1.5車線にな

ってしまい、すれ違うのが大変です。

でもそこは慣れたもの、交差点でお互いに避けあいな

がら、あるいは、チョット広くなったところに片方が

避けて待っています。

そしてすれ違うときには、お互いに手を上げたり、頭

を下げたりと挨拶を交わします。

また、雪に車が埋まった時には、他の運転手の方や近

所の方が手を貸してくれます。

冬は譲り合いの精神がとても発揮されるのです。

みんなが優しくなるのです。仕方なしにでも・・・

いつ自分がそうなるか分かりませんから。

情けはひとのためならず、です。

世の中があまり便利になりすぎると、自分のことしか

考えない人が増えるのでは、とふと思ってしまいまし

た。Santa

チョット不便な方が、自分が良くなる

ためには相手が良くなることをすると

いう、利他の気持ちが増えるのではな

のでしょうか。

自分が良くなるためには、まずは相手

に与える、自利は利他からですね。

雪の中での生活、体験してみませんか?

180万人もが住んでいて、こんなに雪が

多い都市は世界でも貴重な場所ですよ!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ