最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

集中とは・・・

「集中とは、やらないことを決めること。

そしてできるまで、繰り返し繰り返し徹底的に

こと」だそうです。

たしかに“あれもやらなくては”“これもする

だ”と迷い、集中できない自分がいることに

がつきます。

計画を立てるということは集中するために必要な

ですね。

計画もなかなかその通りにはいきませんね。

ついつい3日坊主に。でもそれもOKですね。

計画と実績との差、それが問題。計画はその問題

見つけるためにあるんですから。

3日坊主。100回繰り返せば300日は計画通り」

ですから。

あきらめずに繰り返すことが大切です。

「成功とは、成功するまで続けること」だそうで

す。今日も元気に!

2006年4月18日 (火)

ビルはどうして完成する?

街の中を歩いていると、高層ビルが少しずつ高く

なり完成していく。

ああ~もうすぐ完成なんだなー、と思った時に、

ふとビルはどうして出来ていくんだ?

という妙な疑問が浮かんできた。

まずはこんなビルを建てたいなとデザインを考え

るのだろう。そして予算などの自分の出来る範囲

を確認し、設計図を作る。あとは施工計画を作り

毎日そのスケジュールどおりに工事を進めてい

く。すると完成だ!

これってすべてのことに共通しない?

自分の人生も将来こうなりたいな~という夢を描

実現した時の様子を具体的に書いて見る。実

現するために必要な知識・能力・資格・費用を考

え、それらを手に入れるための方法と行動計画を

考える。そしてその計画に沿って毎日行動する。

企業経営もこんな会社にしたい、という経営者の

理想を描き、それを具体的な経営計画に仕上げる

実現のために必要な人・物・金・情報という経営

資源を考え、誰が、何を、いつまでにするのか目

標をたて、従業員はその目標を達成するために毎

日行動する。

同じだな~

人生や経営がビルを建てるほど上手くいかないの

は、デザインや設計図、あるいは施工計画がはっ

きり見えないからではないのだろうか。何を作る

のか、誰が何をするのかなどが。

高~いビルがうまく建っていくのを感心して眺め

ていたひと時でした。

偽装はされていないかな?

という疑問をいだきながら。

2006年4月12日 (水)

相撲も一瞬?

Photo_3

大相撲大関琴欧州が、日本外国特派員協会の講演の中で、「相撲の難しいところは?」

という質問に、「相撲は始まったらすぐ終わる。

チョット間違ったら負ける」と答えていました。相撲も一瞬が勝負なんですね。

人間は一日に5万回の意思決定をするといわれて

います。

それも瞬間的に。

そしてこの意思決定は習慣化され無意識に行なわ

ているのです。

良い意思決定を習慣化するためには訓練が必要で

す。何回も何回もやってみる、そしてそれを習慣

化する、クセにする。

相撲取りはその良い習慣をつけるために毎日練習

励むのでしょう。

新入社員の時期、良い習慣をクセにさせてあげま

しょう。いままでやったことがない事でも、クセ

にすると毎朝顔を洗うことと同じようにあたりま

えになります。

何の抵抗も無く出来るようになります。

クセになるまでやらせることが出来るか?

それが上司の仕事です。お客様のために・・・

2006年4月11日 (火)

人生は「いま」の積み重ね・・・

時間はカチカチ・・と過ぎてゆく。ボーッとして

いるとあっという間に時間は過ぎてゆく。

相田みつをさんは書いている。

「時はいのちだよ “いま”というこの時は 

自分の一生の中の一しゅんだからね」と。

一瞬一瞬の積み重ねが人生だ。

一瞬一瞬を大切にしているだろうか?

過去のことなど悔やんでいられない。

先のことの心配などしていられない。

“いま”を一生懸命生きるのだから。

“いま”やることは今やろう。明日に延ばさず。

“いま”楽しむときは思いっきり楽しもう。

“いま”楽しいですか? 

いま”充実していますか? 

“いま”のこの一瞬に集中することが、

その連続が自分の人生。

そうか、人生って「いま」を生きることなんだ・・・

お~っととと・・・ 

ボーッとしてたら「い」が過ぎてしまった・・・

人生はこれからだ。

今から”いま”という一瞬を大事にしていけば

新しい人生を築くことができるさ。

さあ、今から始めよう・・・

2006年4月 4日 (火)

頑張れ!新人

3日は多くの企業で入社式が行なわれ、今週は

新入社員研修が花盛りです。

若者にとっては一つのトランジション(転機・

移行期)です。

この時期を上手く乗り越えられるかどうかは、

考え方を変えられるかどうかでしょう。

トランジションは空中ブランコにたとえられます。

今学生というブランコから社会人という別のブラ

ンコに乗り移る時です。

上手く乗り移るにはどうします?

そうです、前のブランコを離さなくてはならない

のです。離さないと次のブランコに手が届かず、

上手く次のブランコには乗り移れませんね。

今までの習慣のなかで捨てなくてはならないもの

はスッキリと捨てましょう。

そうしないと宙ぶらりんになり、悩むことになり

かねません。

新しい始まりは終わりがあるから。

終わりをチャンと終わらせられないと、始まりも

うまくいきません。

さあ、新しい生活の始まりです。

解らないことばかりの毎日が続くことでしょう。

素直に上司・先輩の話を聴き、解らない事は

解らないと伝えてください。

まずは、明るく元気に。行動力が若者の素晴ら

しいところです。

たくさん試してみてください。

大丈夫、まわりはみんな人間ですから・・・

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ