最近のトラックバック

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月20日 (月)

お金の色はなに色?

「カネに色は付いていない」。確かに1万円札はみな

同じ色をしている。だが企業不祥事の報に接すると、

利益を上げる方法で色が変わるような気がする・・・

日経新聞2月12日付け朝刊で東横インの不正改造に

関するビジネスマンへのアンケート調査の結果の記事

に書かれていた言葉です。

記者は「経営の哲学に疑問を感じる企業には、お金を

払いたくない」というビジネスマンの意見に、自分が

払う宿泊料が黒く変色するような感覚を持ったのでは

ないか、と書いています。

おカネっていったいなに色なんだろう?ゴールド?

シルバー?それとも白?それとも黒?

おカネに色はないのでしょう。その使い方によってな

に色にでも変化するのでしょう。

何におカネを使うかによってその人の持っている価値

観がわかるといいます。おカネは人間が作ったものだ

から。

あると便利、ないと不便。

あなたの使うおカネは何色?

みんな見ている、神様も仏様も・・・

2006年2月12日 (日)

国会議員は「ダイエット」?

国会のことを英語では「Diet」と言うようです。

普段私たちが健康のために減量しようという時に使う

「ダイエット(Diet)」と同じ言葉なのです。

最近は健康ブーム。ダイエットしようと考えている方や、

すでに実行している方は多いことと思います。

あり余るほどの食糧を手に入れることが出来る日本。

人間は自分の体内のエネルギーを消費できずに、

たまったエネルギーを減らすためにダイエット。

かわりに自動車や発達した交通網、そして機械やIT

技術を駆使し、自然のエネルギーを大量に消費する。

なにか変?

国会議員も「主権者」である国民を忘れ、組織や自分

の地位保全のために権力を行使している人が多いよ

うにみえる。

なにか変?

地方自治体が赤字解消のために大幅な人員削減策

立てている中、国会議員の数もダイエットをして

いかがなものでしょう。

国会って何のためにあるの?

国会議員はなんのためにいるの?

国会=Diet、なにか今の世の中を暗示しているよう

も思いますが・・・いかがでしょうか。

2006年2月 7日 (火)

変わる採用面接スタイル

最近「コンピテンシー面接」という面接スタイル

が新卒採用時に増えてきているようです。

コンピテンシーとは、高業績者に共通してみられ

る行動特性のことをいい、面接の時に学生時代の

行動を詳しく聞くことで、学生の行動プロセス・

思考パターンを浮き彫りにし、将来の行動を予見

しよう、ということらしい。

今までの知識や考えを聞く面接とは違うようです。

ここで大事なことは、思考プロセスつまりどのよ

うな思考習慣が身についているか、ではないでし

ょうか。

場当たり的な行動をする思考習慣なのか、本質・

意図やどうあるべきかを考える思考習慣なのか。

これは何も採用に限りません。

考える習慣をチョット変えるだけで、マンネリ

から抜け出し、仕事の成果が上がります。

即戦力を求める企業にとっては、面接も大切です

が、今いる社員の思考習慣をかえることにも目を

向ける必要があるのでは・・・

コストを減らすには、まず思考の習慣を変えること。

2006年2月 1日 (水)

夢とは楽しく生きること?

昔子供の頃は、毎日一生懸命遊んでいた。

一日一日遊ぶことに夢中になっていた。

明日のことなど考えなかった。

ましてや将来の夢なんかは。

でも毎日が楽しく、充実していた。

今は自分の夢はなんだろう、10年後・20年

後にはどうなっていたいのだろう、と考える。

決めないと毎日の行動ができないかのように。

将来のことを考え、目標を持つことは大切だ。

でも、夢が見つからずに心配する。

考えなければ・・・と悩んでしまう。

石川洋さんは書いている。「心配することが多

のは、今をけんめいに生きていないからだ」と。

子供の頃のように毎日を夢中になって過ごしたい。

今を一生懸命生きていきたい。

今が楽しくなるように。

いつか気がつくのだろう。

楽しく生きることが「夢」だったのだと。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ